ホワイトデー、義理チョコお返しの渡し方の鉄板はこれ!好感度UP

もうすぐホワイトデー。
バレンタインデーでもらった義理チョコ。

ホワイトでーにはちゃんとお返ししたいけど、「いつ、どんなふうに渡したらいいの?」とちょっと迷ってしまいますよね。

ポイントはリラックスして「ありがとう!」を伝えることです。
本命チョコのお返しではないので、わざわざ呼び出して渡さなくても大丈夫ですよ。

 
女性に警戒されてしまう”NGシチュエーション”もあるので、それを回避することも大切です。

 

今回は、『好感度UP!ホワイトデーのお返しの渡し方』についてお伝えしていきます。

これが鉄板!ホワイトデーのOKシチュエーション

まずは、好感度抜群のOKシチュエーションからご紹介します!

 

CASE1.職場でのお返し

始業時間前に「おはよう!これバレンタインのお返し。チョコありがとう。」が爽やかですね。
目上の方に渡す場合は「心ばかりですが、バレンタインのお返しです。お気遣いありがとうございました。」と渡しましょう。

 

朝からさわやか!
渡す側も気がかり解消して、すっきり!

朝渡すタイミングがなかったときは、お昼休みでもOKです。

MEMO

始業時間前にさくっとクリアしましょう。セリフは「おはよう!これバレンタインのお返し。チョコありがとう。」

 

 

CASE2.学校でのお返し

できれば一人でいるときに渡したいけど。女子はいつも友達といっしょで一人でいる場面なんてないですよね・・・。

だったら、周りを気にせずに堂々と渡しちゃった方がいいかもしれませんね。「これ、バレンタインのお返し。ありがとう。」と差し出せばOK。

 

友達がいっしょにいる場合でも、おしゃべりに夢中になっているところに割って入るのではなく
教室移動のときや、ホームルーム終わって玄関に向かっている途中などばらけているときがチャンスです。

同じように義理チョコをもらった仲間がいるなら声をかけて、いっしょのタイミングで渡してもいいでしょう。

MEMO

ホームルームが終わってばらけたタイミングで「これ、バレンタインのお返し。ありがとう。」

 

 
ホワイトデーのお返しがまだ用意できていない人には、こんなおしゃれなお菓子はいかがでしょうか。
北海道名店、ルタオのラングドシャ!↓

ギフト・お取り寄せなら【小樽洋菓子舗ルタオ】

 

 

ホワイトデーのNGパターン

義理チョコなので、「こんなシュチュエーションが理想的!」というのはないですが、逆に「このシュチュエーションはNG」というのがあります。

チェックしてみましょう!

 

①わざわざ呼び出して、二人きりになって渡す。

義理チョコのお返しとはいえ、皆の前で渡すのは気恥ずかしいですよね。

だからといって、相手を呼び出して2人きりで渡すのはNG!です。(関係性にもよります。)

女性の立場からすると
→「もしかして、本命チョコだと勘違いさせちゃったかな!?」と心配になるかもしれません。
もっと気楽にフランクに渡しましょう。
 

 

②後をつける、目で追う。

タイミングを見計らうあまり、相手の動きをついつい目で追ってしまいがち。
「どこに行くのかな!?」「友達とバイバイしてる!帰りは一人か!?」と1日気にしてしまいますよね。

気持ちはわかります。
「渡さないと」という焦りからそうなっちゃうんですよね。

でも、ずっと見られていると感じると女性はそわそわして落ち着きません。
見すぎないように気をつけましょう。

 

 

③メッセージカードや手紙を添える

義理チョコにメッセージカードや手紙はなくていい!と個人的には思います。
女性からもらったチョコに「いつもありがとうございます。」などのメッセージがついていたとしても、男性がお返しにメッセージを添える必要はありません。

口頭で「ありがとう!」とさわやかに伝える方が好印象です。

どうしても書きたい場合には、付箋などに書いてぺたっと貼っておくくらいがちょうどいいかもしれません。

 

「皆さんで」ともらったチョコへのお返し

「皆さんでどうぞ」とバレンタインチョコを一人の方からもらった場合、どのようにお返しすればいいのでしょうか。
箱に入ったチョコレートを一人一粒ずつ食べたわけですが、お返しするほどでもないように思いますし、かといってスルーするのも申し訳ない気がしますよね。

一番ていねいなのは・・・
いっしょに食べた人たちに声をかけて、お返しに皆からってことでお菓子などを渡すこと。

です。

 

でも、「みんなからお金を集めてお返しって雰囲気でもなさそう。」「わざわざ声をかけるのものなぁ。」とおっくうに思う場合は、お返しは用意しなくてもいいでしょう。

そのかわりに「おいしかったです!ありがとうございました!」のお礼はしっかり伝えましょう。

 

 

部署から部署にもらったチョコへのお返し

グループからグループへチョコが渡される場合もありますよね。
たとえば、事務所の女性陣から営業部の男性陣へ。という場合。

どうしましょう。

 

この場合も失礼のないようにするなら、
部署から部署へお返しするのがベストではないでしょうか。

だけど、みんなで何かするって難しいですよね。

なので、先ほどと同じく、お返しは用意しなくてもOKですが、
「ありがとうございました!」とお礼の言葉を伝えることは忘れないようにしましょう。

まとめ

職場の同僚、取引先の方、部活仲間、クラスメイト、ホワイトデーのお返しには色んなパターンがあると思いますが、

どんな場合でも一番大切なのは「ありがとう」と笑顔で伝えることにつきますね。

渡すときはちょっと緊張すると思いますが、気を楽にして素敵な笑顔でトライしてくださいね。