七夕の風習【食べ物編】五色の七夕そうめんを食べよう

七夕の日には、五色の具をそえた「七夕そうめん」を食べる風習があります。
七夕そうめんのルーツは、「中国の索餅(さくべい)というお菓子」と織姫にお供えした「五色の糸」だということをご存知ですか?

今回は「七夕そうめんの由来と意味」 「かわいい!ときめく!七夕レシピ」をご紹介します!

 

七夕そうめんの由来と意味①『索餅(さくべい)』

イメージ 1
(出典:ヤフーブログ杉山家の食卓

七夕にそうめんを食べる風習は、古代中国の索餅(さくべい)という食べ物が由来しています。

索餅(さくべい)とは?
索餅(さくべい)とは、小麦や米粉を練って縄の形にして揚げたもの。
現代でいうと、かりんとうのようなお菓子のことです。

 

この索餅(さくべい)というお菓子がそうめんの元祖で、時代とともに「さくべい」→「さくめん」→「そうめん」と、その呼び方も変化していきました。

では、なぜ索餅(さくべい)を七夕に食べる風習が根づいたのか?というと・・・
中国の故事が関係しています。

 

索餅(さくべい)を七夕に食べた理由

その昔、中国の皇帝の子どもが七月七日の日に亡くなってしまいました。
その直後から熱病の病がはやるようになり、人々はその子の悪霊の仕業ではないかと恐れるようになります。
そして霊をしずめるために、生前その子が好きだったお菓子(索餅)をお供えすると、病気の流行がおさまりました。

このことから、『七月七日に索餅(さくべい)を食べると無病息災で過ごせる』と考えられるようになったのです。

 

 

七夕そうめんの由来と意味②『五色の具』

七夕だしそうめん(そうめんを使ったレシピ)
(出典:レシピ大百科

中国の故事の話から、七夕に「そうめん」を食べるようになったわけですが・・・。

七夕の日に食べるのは、ただのノーマルそうめんではありません。五つの色の具をそえた「七夕そうめん」なんです。

『五色(ごしき)の具』ってとこがミソなんですねー!

 

七夕そうめんに五色の具がそえられる理由

その理由は?というと・・・

『織姫にお供えする糸』がその由来だとされています。
織姫はその名のとおり、機織り(はたおり)の上手な女性だったんですね。

ですから、七夕の日には織姫のために五色(ごしき)の糸をお供えしていたそうです。
それがいつしか、『(七夕そうめんの)五色の具』になったというわけです。

 

また、メインの白いそうめんは「天の川」または「織姫のつむぐ糸」を表現しているといわれています。

織姫といえば、やっぱり『糸』なんですね~。

 

 

七夕そうめんの五色の具の中身に明確な決まりはありません。
五色を意識して、あなたの好きな具材をそろえて「七夕そうめん」をつくりましょう!

「彦星と織姫が会えますように」そんな願いを込めながら、夕飯の用意をしたいですね。

 

 

五色思想と五色の糸

七夕の歌に「♪五色(ごしき)の短冊~わーたーしーが書いた~」というフレーズがあるのをご存知でしょうか?(2番です。)
七夕にお供えするのは「五色の糸」、七夕そうめんも「五色の具」、願いごとを書くのも七夕の「五色の短冊」

七夕はこの『五色』がものすごく強調されていますよね。

 

これには、古代中国でうまれた『五色(ごしき)思想』という自然哲学が関係しています。

五色(ごしき)思想とは?

五色思想とは『万物は五つの要素にわけられる』『宇宙の摂理のおおもとは五色である』という考え。

なんか漠然としすぎて、わかるようなわからんような。
ちょっとむずかしいですよね・・・。

無理やりざっくりまとめると「宇宙は広いけど、それを構成しているのはたった五つの要素だよ。」というお話です。
七夕は星にまつわる行事なので、この五色(ごしき)思想と関連が深いんですね~。

 

 

七夕そうめんの『五色の具』は何にする?

(出典:うちのごはん

七夕そうめんの五色の具にはどんな食材を使えばいいでしょうか?
三色くらいならパッと思い浮かびますが、五色もあると何がいいかちょっと迷いますよね。

そこで、そうめんにピッタリ!なカラフルな食材の例をあげてみます!

五色そうめんの具材例

赤系:ハム、カニ、カニかま、トマト、さくらんぼ(シロップづけ)、パプリカ、みょうが
黄色系:たまご、かぼちゃ、にんじん、パプリカ
緑系:青じそ、オクラ、みつば、きゅうり
茶色系:しいたけ煮
白系:白ねぎ、かまぼこ

 

 

七夕の夕食の献立!アレンジがかわいいレシピ集

七夕は年に1度だけ、彦星と織姫が会えるというロマンチックな日。
夕飯には、見た目もかわいい華やかなメニューを用意したいですよね。

七夕そうめんのレシピ

そうめんの天の川ゼリー寄せ

 

 

彦星と織姫の七夕そうめん

 

 

七夕ジュレそうめん

 

 

七夕デザートのレシピ

ステンドグラスパフェ

 

 

天の川ゼリー

 

 

 

七夕のお菓子!索餅(さくべい)のレシピ

そうめんの元祖である索餅(さくべい)。
古代中国で、七夕の日に無病息災を願って食べられてきました。

素朴でおいしそうなお菓子なので、おやつにつくってみてはいかがでしょうか?

索餅(さくべい)風焼きドーナッツ

 

まとめ

七夕の食べ物の風習は、古代中国から伝承されてきたものだったんですね。
七夕料理をおいしくいただきながら、その由来や意味を次の世代にも伝えていきたいですね。