【ストロベリーナイトサーガ】第1話だけ!ネタバレ速報(あらすじ)、衝撃!姫川の推理がまさかの展開へ

二階堂ふみ、亀梨和也主演の『ストロベリーナイト・サーガ』が4月11日~はじまりました!
「第一話、うっかり見逃しちゃった」というあなたに、あらすじをお届けします。

ちなみに、「第二話以降の展開」や「最終回」についてはふれていないので、安心して読んでくださいね。

 

姫川(二階堂ふみ)と菊田(亀梨和也)の出会い、事件発生

警視庁捜査一課の菊田和男(亀梨和也)が、姫川玲子(二階堂ふみ)率いる“姫川班”へ勤務を任命されるところから、ストーリーが始まります。

赴任当日、菊田が姫川に挨拶しようとその姿をさがしていた矢先、殺人事件が発生します。
結局菊田は姫川に会えないまま、事件現場へむかうことになりました。

事件の内容は次のようなものでした。

 

『水元公園内殺人・死体遺棄事件』

葛飾区の水元公園の池付近で、変死体が発見されます。
被害者は金原太一という営業マンで、死因は大量出血によるショック死でした。

致命傷となったのは頚動脈切断でしたが、どうにも不可解な点がある・・・。
その不可解な点とは、次の2つです。

・致命傷以外にも体に無数の傷がある。
・死後に腹部の切開がされている。

 

死後にも手を加えていることから、単純な殺害が目的というわけではなさそうですね。

 

ここで、場面は警察署内の会議室へと切り替わります。
ちなみに、ここでも姫川はまだ登場しません

「いったい犯人の目的は何?」「浮かび上がる犯人像は?」と刑事たちの憶測がとびかう中、颯爽と登場したのが姫川玲子でした。

(やっと登場!おーい姫川よ、今までどこ行ってた?w)

 

そして、会議内容を無視して突然「話がある」と自身の考える仮説を語りはじめます。

この辺りがカッコイイ女性像ですね。
不毛な会議に時間をとられてモヤモヤしている社会人は多いでしょうが、こんなにスッパリと自分の意見を言っちゃうなんて、ドラマの世界ですけど憧れますよね。
マネできないけど・・・。

【ストロベリーナイト・サーガ】無料見逃し視聴はこちら!


 

姫川が語る衝撃的な仮説

会議に乱入?した姫川が皆に披露した仮説は次のような内容でした。

 

・被害者が死後に腹部を切開されているのは、池に沈めることが目的。
・池に沈めることができなかったのは、犯人に何らかのトラブルが発生したから。
・1ヶ月前に、同じ公園のため池にしか存在していないアメーバに感染して死亡した人物がいる。

そして、姫川がたどりついた衝撃的な結論はこれ。

・事件現場となった水元公園の池には、もう一人の犠牲者が沈んでいる。

 

えーーーー。
今さらっと言いましたけど。

あの公園の池に、もう一人の犠牲者が沈んでいるだって??
被害者は2人いたのかー!

 

ということで、再度公園での捜索がはじまりました。
すると、姫川の予想は的中・・・。
変わり果てた姿の犠牲者が見つかったのです。

 

 

姫川の部下、大塚真二をおそう悲劇

姫川の部下である大塚真二(重岡大毅)は、姫川を尊敬している真面目な刑事。

今回の事件でも、姫川班の一員として難事件の解明に迫るのですが、事件の真相の糸口が見えてきた大塚は、単独で大胆な捜査をおこなうようになります。

大塚の動きは犯人を警戒させ、さらなる被害をまねくことに・・・。

【ストロベリーナイト・サーガ】無料見逃し視聴はこちらから↓



 

 

ストロベリーナイトサーガ、登場人物の復習

姫川玲子(二階堂ふみ)

姫川班率いる姫川玲子(二階堂ふみ)は、27歳という若さで警部補に昇進を果たした実力派刑事。
ノンキャリアでありながら、卓越した思考力・直観力・行動力を武器に、数々の難事件を解決してきた人物です。

不要なしがらみは切り捨てて、自らの道を突き進む姿がほんとにかっこいい。

 

菊田和男(亀梨和也)

菊田和男(亀梨和也)は、真面目で寡黙な性格。
クールに見えますが、熱い思いを胸に秘めた、まっすぐな心の持ち主です。

ちなみに、菊田の方が年齢は上なので、姫川にとっては『年上の男性部下』という設定ですね。
難事件の展開も気になりますが、この二人が今後どのような関係性になっていくのかも見所のひとつですね。

 

勝俣健作(江口洋介)

検査一課殺人犯捜査第5係の主任。通称ガンテツ。

事件の摘発率トップをほこる、くせ者のベテラン刑事。

姫川と同じ警部補のポジションで対立関係にある。

公安に8年在籍していた過去があり、警察内外の情報収集にすぐれているが、その強引な捜査方法から反感をよぶことになる。

 

 

【傑作】ストロベリーナイト・サーガの映画の無料視聴はこちら

ちなみに、ストロベリーナイト・サーガの原作は、誉田哲也のベストセラー小説「姫川玲子シリーズ」。
2010年に竹内結子(姫川玲子)主演、そのほか西島秀俊(菊田和男)、小出恵介、宇梶剛士、丸山隆平、遠藤健一、高島政宏など豪華キャストが出演している。
【ストロベリーナイト(映画)】無料視聴はこちら↓


 

姫川のもつ心の闇を雨に象徴して表現された映画で、ひたすら雨の場面が続くことでも有名です。
前作のストロベリーナイトには根強いファンが多く、今回の再ドラマ化には喜びの声とともに
「ストロベリーナイトは”竹内結子&西島秀俊”のペアじゃないと受け入れられない!」
なんて声も多数あがっています。

https://twitter.com/_____sly_/status/1115204709764042754

https://twitter.com/onigiri2323/status/1115894846982631429

ちなみに、今回のストロベリーナイト・サーガのキャストについては「二階堂ふみも亀梨和也もいいとは思うけど・・・」という注釈つきの意見が多く、この二人に対する不満はみなさん持ってないんですよね~。
「でも!でも!やっぱり竹内結子と西島秀俊でもう一度やってほしかったー!」という思ってしまうほど、前作が鳥肌物の傑作だったということですね。