新元号【令和】の由来は万葉集が出典!意味は神様のおつげ

ついに、新元号【令和】が発表されました!
出典は『万葉集』の梅の花の和歌です。

 

新年号【令和】の由来と意味は?

新年号の由来は
ちなみに金田一秀穂さんによると『令』には神様のお告げみんな仲良くという意味合いがあるのだそうです。

人々が美しく心寄せ合う中で文化が生まれ育つという願いがこめられています。

梅の花のように日本人が明日への希望を咲かせる。

 

新元号【令和】の出典は『万葉集』

万葉集の32首、『梅の花』の歌から引用されました。

こちらで速報記事を更新しています!ごらんください。

【令和】の意味と由来

 

万葉集は日本最古の歌集。

幅広い階層の人がよんだ歌がおさめられ、長い伝統、悠久の歴史、四季折々の美しい自然。

日本の国柄を次の時代へと引き継いでいく。

 

厳しい寒さのあとに春をつたえる

梅の花のように

 

ひとりひとりの日本人が明日への花を大きく咲かせることができる

 

という願いをこめている。

 

文化をはぐくみ、平和の念をこめる。

 

万葉集の梅の花の歌。

初春の令月にして

気淑く風や和議

梅は鏡前の粉をひき

蘭は跡の香を薫らす

&

新元号【令和】の選定理由

こちらは安部総理大臣から発表されます。
他の候補と比較検討されることをのぞまないとのことで、その他の案はひみつ。

 

 

まとめ