【令和】新元号の意味や由来を簡単に説明!子どもにもわかる

ついに新年号が発表されました!
万葉集が出典【令和】に決定しました。

記者会見を聞いていても「うーん、ちょっと解釈が難しいな。」と思ったあなたへ!
【令和】の意味について、わかりやすく解説したのでどうぞ~!!

 

新元号【令和】の意味を子ども向けに説明!

新しい元号【令和】。
万葉集の梅の歌が出典です。

大人向け

・人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味がこめられている。

・厳しい冬のあとに春の訪れをつげ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人ひとりの日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることのできる日本でありたい。という願いが込められている。

・文化をはぐくみ、自然の美しさを愛でることのできる平和の日々に、心からの感謝の念を抱きながら、希望に満ちあふれた新しい時代を国民とともに切り開いていく。という決意が込められている。

 

小学生、中学生向け

・みんなで仲良く、心ひとつにこれからの日本文化を育んでいこう。
・つらい時代はたえていれば、いつか花が咲くことを信じてがんばっていこう。
・春夏秋冬、季節によってかわる自然の美しさ。これを感じることのできる平和な毎日に『ありがとう』の気持ちをもとう。

 

幼児(幼稚園、保育園)向け

・みんなで仲良く、日本という国をつくっていこうね。
・昔の日本もこれからの日本も、自然がいっぱいの美しい国なんだよ。
・やりたいことや、かなえたい夢がかなう国でありますようにとお願いしているよ。
 

 

新年号【令和】の由来は日本古典『万葉集』

【令和】の出典は、日本最古の歌集万葉集です。

万葉集から出典した理由は?

実は、これまでの元号は中国の古典から出典されていました。
でも、今回は”初”日本古典である、『万葉集』からの出典です。

それはなぜなのでしょうか?
安倍総理大臣の記者会見では『日本の国柄』への思い入れが伝わってきましたね。

日本の悠久の歴史、自然の美しさ、語り継がれてきた伝統を大切にしたいという思いから、日本古典である『万葉集』を選んだそうです。

天皇、皇族、貴族だけでなく防人(さきもり)、農民まで幅広い階層の人がよんだ歌があつめられた国書です。
この『幅広い階層』というのがミソなんですね。

 

わが国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書。
悠久の歴史、薫り高き文化、四季折々の美しい自然。
こういった日本の国柄を次の世代へとひきついでいきたい。

という思いから日本古典の万葉集から選んだそうです。

ちなみにこれまでの日本の元号は、「史記」「四書五経」などの中国の古典から出典されています。
今回の新年号決定にあたっては、日本古典の専門家も学識者としてまねかれたようなので、政府としては日本独自の文化を反映させたいという意向があると思われます。

ちなみに日本古典で有名なのは「日本書紀」「古事記」「万葉集」など。
この中から使いやすい漢字、年号にふさわしいイメージのよい漢字二文字が選ばれる予定です。

 

新元号【令和】は誰が考案者?決めた人は非公開

考案者は、非公開とされています。
理由は新年号と特定の個人(考案者)と結びつけあらぬ憶測をうむから。

平成のときは考案者も発表されたので、いろいろと悪影響もあったのでしょうね。
ちなみに平成の考案者は陽明学者の安岡 正篤(やすおか まさひろ)さん。

詳しくはこちらの記事でまとめています。

【平成】【令和】を考えた人はだれ?

 

新元号他の候補は何だった?

他の候補も非公開なんだそう。

新元号【令和】他の有力候補は何?安久、安永、永光はイイ線いってた!?

まとめ

桜咲く青空のもと発表された新年号!
幸先のいいスタートですね。

このお天気のように、そして新元号にこめられた願いや意味のように、明るく平和な時代となってほしいものです。