ヒルナンデス【ミニランドセル】ランドセルのリメイクが人気の寺岡孝子さん

2019.3.20(水)のヒルナンデスの放送で、ランドセルを4分の1サイズの『ミニランドセル』にリメイクするというサービスが紹介されました。

「ミニランドセル作家」の寺岡孝子さん

寺岡さんとお子さん

(出典:https://arakawa102.publishers.fm/article/3830/)

小学校6年間の思い出がいっぱいつまったランドセル。
卒業すると使わなくなりますが、すぐに捨てるのもしのびないですよね。
かといって、ずっと保管しておくには場所をとりすぎる。

そんな人におすすめなのが、ランドセルのリメイクです。
寺岡孝子さん(「梅田皮革工芸」荒川区)が、使っていたランドセルを解体→”4分の1サイズ”で復元する「ミニランドセル」をつくっています。

上の写真が寺岡さんがリメイクした「ミニランドセル」なんですが、ぬいぐるみが背負ってちょうどいいくらいの大きさですね!

画像の説明

(出典:http://hakodateume.com/)

 

【寺岡孝子さん、ミニランドセル注文サイト】

思い出のミニランドセル

傷や落書きなど残しておいてほしい箇所を伝えると、ミニランドセルにいかしてくれますよ。

ランドセルは、その子の性格や人柄がすごく感じられるのだそうです。

給食のジャムや、鉛筆の芯、などがランドセルポケットのすみの方から出現してくるのだとか。男の子だと砂利が縫い目に入っていたりもするんですって!

 

ランドセルのほかにも、「幼稚園かばん」や受験勉強をともに乗り越えてきた「塾かばん」のリメイクもしていますよ。

(出典:http://hakodateume.com/)

 

「ミニランドセル」の注文は3月21日から!

寺岡孝子さんの「ミニランドセル」。
とても人気があり、7ヶ月待ちになっているそうです。

今年度の注文の受付は、3月21日(木)~なので、まだ間に合いますね!

ちなみに、加工待ちのランドセルの保管場所がなくなってきたら、2019年度の受付は終了するそうです。

 

梅田皮革工芸「ミニランドセル」注文サイト&電話番号はこちら!

ミニランドセル完成品

(出典:https://arakawa102.publishers.fm/article/3830/)

注文サイト:思い出のミニランドセル

電話番号:03-3801-4685

営業日時:8:30~16:30(土・日・祝定休)

 

ミニランドセルの申し込み方法

「梅田皮革工芸」ミニランドセル加工申し込み方法

ミニランドセルをつくるサービスは他にもいくつかありますが、寺岡孝子さんのミニランドセルはプレミアム仕様のこだわりがたくさんつまっています。
もともと、寺岡さんご自身がランドセルが大好きな方で、ものすごくマニアックにていねいなんだとか。

効率性重視ではなく、ランドセルのかわいらしさと温かさを感じながら「1日に1つ限定」で、心を込めて作っているそうです。

「ランドセルは12歳までの人生の半分をいっしょに過ごした特別なかばん」という言葉に、その思いが伝わってきますね。

 

寺岡孝子さんのミニランドセル・リメイク料金は?

寺岡孝子さんのミニランドセルの加工料金は14,800円(税込み)です。
「帰りの送料」込みのお値段です。

「帰り」の送料って表現が、おもしろいですね。
おうちにランドセルは帰ってくるんだなー。

 

加工に対する要望(傷や汚れを残す、残さないなど)や、ランドセルの持ち主の現在などもメモに書いて同封すると、加工のときに反映してくれるそうです。

 

まとめ

6年間使ったランドセル。

大切な思い出の品だからこそ、心を込めて、ていねいに作ってくれる人にお願いしたいですね。

寺岡孝子さんからは、ランドセルに対するやさしい思いがあふれているなぁと感じました。