はあちゅう不妊治療で通院していた病院は?妊娠までの期間は?

人気ブロガーのはあちゅうさんが第一子を妊娠したことを発表しました。
かねてより、不妊治療をしていることを公表していたはあちゅうさん。

ご主人のしみけんさんとのご結婚(事実婚)を発表したのが2018年7月。
妊活に本腰を入れ始めたのは、2018年の8月からだったそうです。

念願かなってのご懐妊、おめでたいですね!

さて、今回ははあちゅうさんが不妊治療で通院していた病院はどこかリサーチしてみました。

はあちゅうが不妊治療で通院!都内のクリニック

はあちゅゆさんが以前、不妊治療で通っていた病院について、メリットデメリットをブログで語っていました。

メリット

・清潔感がある。
・先生が優しい。
・予約の必要がない。
・待ち時間が少ない。

デメリット

・自宅から遠く、交通の便が悪い。

 

お友達にすすめられて通っていた病院で、自宅からのアクセスの悪さをのぞいては、とても気に入っていたようです。

しかし『交通費のタクシー代に往復8000円かかるのが痛手』ということで、はあちゅうさんは病院を変える決断をします。

そして、2018年11月~新しい病院へ通うようになりました。

「・・・・・・・?????」
11月から・・・・。

おお、ということは、11月から通院をはじめて3月に安定期(おそらく)、ということですね。
病院を変えてから、すごくスムーズに妊娠につながったのでは?と思われます。

はあちゅうさんは新しい病院ですべての検査をやり直し(詳細な検査結果を控えていなかったため)、排卵誘発剤の使用を始めます。
そして、タイミング法にチャレンジ。

その結果、妊娠につながらなければ旦那さんにも病院に来てもらうつもりだったようです。

 

 

はあちゅうが不妊治療病院は、加藤レディースクリニック!?

はあちゅうさんが不妊治療で通った病院はどこなのでしょうか。

はあちゅうさんは事実婚の手続きを『区役所でおこなった』とのことですから、おそらく東京23区内にご自宅があるのでしょうね。

区内で不妊治療に定評のある病院をピックアップしてみました。

 

加藤レディースクリニック

加藤レディースクリニックは、西新宿にある不妊治療で有名な病院です。

加藤レディースクリニックHP

過去には矢沢心さん、東尾理子さん、仲間由紀恵さん、川崎希さんが通っていたのではないかといわれています。

セレブ妻たちに信頼のある病院なんですね。

 

池袋えざきレディースクリニック

不妊治療専門のクリニックです。
本格的な不妊治療を求める患者さんの支えとなるクリニックをモットーにかかげています。

費用面や時間面で、治療を続けやすい環境が整えられているのも特徴です。

池袋えざきレディースクリニック

 

交通の便が悪いという理由で、病院を変えたはあちゅうさんですから、新しい病院は自宅近くで選ばれたんでしょうね。

 

 

はあちゅうが不妊治療を始めたのはいつから?治療期間は?

はあちゅうさんと旦那さんのしみけんさんとは、実は一度破局しています。
復縁のときの条件は『子作りをすること』だったみたいですね。

ということで、事実婚の手続きをした当初2019年7月からいわゆる”ベビ待ち”だったのかもしれません。
ちなみにはあちゅうさんが、ブログの中で『妊活シリーズ』を始めたのが2019年1月からですね。

私の現状を包み隠さず

お話すると、まだトライを始めて

半年くらいで、本格的な

不妊治療には踏み込んでいません。

(お医者さんは

「まだまだ焦らなくていい。

1年位自然なトライをして、

出来なかったら

本格的な治療にうつったらいいよ」

って言ってる)

だから深刻ではないのかもしれないんだけど

当事者的には

「意外と時間かかるんですけど…!」

って予想外のことに焦りや不安も感じます。

(出典:Ameba旦那観察日記

本格的に病院で治療を受けてはいないけれど、いわゆる”ベビ待ち”している状況であることを明かしました。

その後本格的に妊活をスタートさせ、専門の病院へも通院していました。
不妊治療の検査や、排卵誘発剤の使用、タイミング療法にトライし、このたびめでたく妊娠にいたったようです。

ブログでも当時の心境を赤裸々に語っています。
はあちゅうアメブロ

ご結婚されてから、今回の妊娠に至るまでの期間ですが、だいたい4ヶ月くらいでしょうか?
ですが、もしかするとご結婚前から赤ちゃんが欲しいと考えていたのかもしれませんね。

 

まとめ

来年秋に出産のご予定だそうです。
元気な男の子がうまれてきますように!