【七五三】お祝いにお返しナシは失礼!?知っておきたいマナー&おすすめ内祝いギフト

七五三はごく身内でお祝いする行事なので、本来お返しは必要ないとされています。
ですが、最近はそうでもないようで・・・。

「たとえ身内であっても、お祝いごとのお返しはきっちりしたい」「してほしい」という考え方の人も多いようです。

 

お返しをどうしようかと迷ったら丁寧にしておく方が、のちのち悔いが残らなくていいかもしれませんね。

とはいえ七五三の内祝いは、結婚祝いや出産祝いのときのように「いただいた金額の3分の1~半額」などというキッチリした決まりはありません。

”ちょっとした記念品・写真&お礼状”など、ささやかな贈り物で十分です。
あまり形式にとらわれず、感謝の気持ちを伝えることを大切にしたいですね。

 

今回は「七五三お祝いのお返し」について、具体例をまじえてお伝えします!

 

七五三の内祝い例(関係性パターン別)

七五三のお祝いをいただいたら、どのようにお返しするのでしょうか。
それは、先方とあなたとの間柄(関係性)によってもちがってきます。

お祝いしてくれたのは、あなたにとって両親?祖父母?ご近所さん?
それぞれのケースごとに、お返し方法をチェックしてみましょう。

親の場合

基本的に親は一番近しい身内ですので、お祝いのお返しは必要ありません。
とくに七五三では、内祝いの風習もありませんでした。

ですが、私の周りでは両家の両親を招いて食事会をしているケースも多いです。
かわいい孫の成長をいっしょにお祝いできることが、おじいちゃんおばあちゃんにとって何よりうれしいことなのかもしれませんね。

かといって、「みんながみんな七五三に参加したいのか?」というとそういうわけでもないですし、ご両親のタイプによるところです。
「食事会するので来てください!」というよりは、「食事会しようかなーと考え中なんだけど、どうでしょうか?」くらいな感じで、まずは聞いてみるといいですね。

 

お祝いの席を設ける場合、内祝いとしてお食事代をご馳走すれば十分でしょう。
もし予算に余裕があるのであれば、食事内容をグレードアップするとか、手土産を用意するとかしてもいいかもしれませんね。
食事会をしてもしなくても、晴れ姿をおさめた記念写真を渡すと喜ばれます。

 

ちなみに私の友人Bは、お祝いの席(レストランの個室で食事会)もうけて、赤飯を手土産に用意したそうです。

赤飯は、いいですね。
THE縁起物ですし、外出先から帰ってすぐ食べられるので◎。

こんなかわいらしい紅白饅頭もいいですね!

 

 

祖父母の場合

まず、祖父母が七五三を覚えてくれているということが何よりうれしいですよね。

わが家の場合は、いつも「お返しはいらないから」と言ってくれてるので、ありがたく甘えさせてもらっています。
80歳超えているおじいちゃん、おばあちゃん。
「お菓子も物も商品券も、もう何もいらない。」そうです。

もし何もないのもさみしいなという場合には、かつお節やふろしきなどちょっとした記念品に写真・お礼状を添えて贈ってもよいでしょう。

 

親戚の場合

親戚の場合も、祖父母の場合と同様です。
基本はなしでOKですが、お礼はしっかり伝えましょう。

もし内祝いが気になる場合は、心ばかりのお品とお礼状を贈りましょう。

親戚の場合は周りがこれまでどうしていたか、それとなくたずねてみてもいいかもしれません。
たとえば、自分の両親に「〇〇ちゃん(いとこの子ども)に七五三のお祝いをしたときって、内祝いはあった?」と聞いてみるといいですね。

世間一般でこうだからというよりは、”親戚同士でどうしてきたか”の方が大事だったりします。

 

近所の人の場合

今のご時世、ご近所さんがわざわざお祝いしてくれるなんてうれしい限り。これからも関係性を大切にしたいですね。
お祝いしていただいたなら、何かお返ししましょう。

昔は七五三のときに近所の方に”お披露目”として、千歳飴、赤飯、紅白饅頭、紅白の祝い菓子などを配る風習がありました。
七五三は「わが子が無事に成長しました!」というお祝いして、「これからもよろしくお願いします」という挨拶をかねて配ったんですね。

今の時代でも、紅白饅頭や赤飯なら喜ばれると思います!
千歳飴は・・・。大人はあんまりうれしくないかも?笑

 

七五三のお返し(内祝い)!心ばかりのお品とは?

七五三のお返しで代表的なのは、「ふろしき」や「タオル」などのプチギフト。
食べ物なら、「鰹節」や「昆布」などの縁起物がよいとされています。
そのほか、日持ちのする「焼き菓子」なども喜ばれるでしょう。

イチオシは、おしゃれな風呂敷です。

お弁当包み用の小さなサイズも、使い勝手がよさそうですね。

タオルは、内祝いの鉄板ですよね。

こんなおしゃれなタオルもすてきです!
食器を拭いたり、汗を拭いたり、いろんな場面で活躍しそう。

 

昆布は小倉屋山本さんのが、まちがいないです。

 

絶大な人気をほこる、とらやの羊羹。

ギフトボックスが美しすぎる!あられの詰め合わせ。
甘いものを控えている方にもおすすめ。

 

七五三内祝い「のし」と「表書き」

七五三内祝い「のし」

七五三の内祝いののしは、「紅白もろわな結びののし」です。
紅白5本の蝶結びのことですね。

 

七五三内祝い「表書き」

七五三の内祝いの表書きは、「内祝い」または「七五三内祝い」にしましょう。

名入れは「子どもの名前(通常苗字は入れない)」にします。
(名前の左わきに子どもの年齢を小さくいれることもある)

 

感謝の気持ちを大切に、お礼を伝えましょう

七五三は、子どもの健やかな成長を祝う行事。
もともと身内だけでしていたことなので、大それたお礼は必要ないとされています。

より丁寧にしたい場合は、「ありがとうございます」という感謝の言葉とともに、心ばかりのお品を用意すると喜ばれるでしょう。

 

 

冠婚葬祭は地域・家によってもちがうので、いろいろ迷ってしまいますよね。
「どうしよう・・・?」と困ったときに頼りになるのがこちらの本!!

わが家でとっても重宝しています。

三越伊勢丹のギフトサロンにある、儀式110番カウンターに寄せられる質問を中心にまとめた1冊です。
「老舗デパートのアドバイザーが言ってるんだから、そのとおりにしておけば間違いない。」という説得力があります。