自転車の雨の日対策はこれで完璧!私の保育園送迎スタイル

移動はいつも自転車派!の人にとって悩ましいのが雨の日。
傘がさせないので、上手に対策しないとずぶ濡れになってしまいますよね。

基本は『レインコート+レインハット+レインブーツ』
という組み合わせなので、「どれもいっしょじゃない?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません!

 

実際に使ってみると「こういうタイプの方が便利!」「この機能はいらない。」など、色々と出てきます。
アイテム選びはとっても重要なんです。

 

今回は毎日自転車移動している私の実体験を踏まえて、「おすすめ!雨の日の自転車対策」についてお伝えします。

 

 

これで完璧!雨の日の自転車対策

 

私は、毎日子供の保育園の送迎を自転車でしています。
保育園の送迎がスタートするまでは、「晴れの日だけ自転車」だったのですが、今はそうもいかず「雨の日も自転車」で移動することになりました。

 

そこで、買い揃えたのが雨の日の対策グッズ。
・・・が、結果的に1回しか使わずに、タンスで眠っているアイテムが1個、2個、3個・・・。

色々と失敗を重ねた末に、ようやくこのスタイルに落ち着きました。

大雨の日も台風の日も、これでOK!
風が強いとさすがに口元は少し濡れますが、レインハットを目深にかぶればそれも軽減されます。(ツバが半透明)

・上下別のレインウェア
・サンバイザータイプのレインハット

・ショート丈のレインブーツ
(・防水バッグ)

さらに、

・左のポケットにはハンドタオル!

保育園の玄関で、このハンドタオルでレインウェアの水滴をささっと拭きとります。
レインウェアはある程度はじいてくれているので、そんなに拭く手間はかかりません。

そしてレインウェアの上下とも着たまま、中に入ります。

 

自転車ママにおすすめのレインコートは?

レインウェアは上下別じゃないと濡れる

レインウェアでおすすめなのが、上下別のタイプ。
他には、長めのコートタイプや、ポンチョタイプもありますが・・・。
やっぱり!雨に濡れますよ。
脚がね。

 

それに、ポンチョタイプを使っている人をたまに見かけますが、裾が長くて車輪への巻き込みが心配になります。

自転車に乗っているなら、レインウェアは上下別の一択!です。

 

 

アウトドアショップでの購入がおすすめ

レインウェアは、色々な商品がありますね。
リーズナブルなお値段&おしゃれなレインウェアがあったので、つい購入しましたが・・・。

蒸れます。(個人の感想です。)

 

なんといっても!レインウェアは通気性命!です。

 

特に梅雨~夏は雨の日といえど気温が高いので、長袖のレインウェアを羽織って自転車こいでいると体内の熱気がこもります。
顔面の水滴は、雨ではなく汗!
(きっと周りの人は、雨だと思っている。笑)

 

朝から汗ぐっしょりはどうしても不快で、アウトドアショップで新しいレインウェアを買い直しました。
とても快適です!!

 

便利な収納ポーチつき。

明るい色のデザインなので、雨の日や夜でも目立って安全です。

 

 

アウトドアやスポーツブランドのレインウェアは通気性・防水性ともに高性能なものが多いのでおすすめ。

ちょっとお高いですが使用頻度が高いのであれば、検討してみてくださいね。

 

 

ズボンの裾がしぼってあるタイプがおすすめ

できれば、レインウェアのズボンは裾がしぼれるタイプがいいです!
裾の隙間から雨が入ることを防ぎます。

靴下が濡れてしまう!と悩んでいる方も多いようですが、私は今まで靴下が濡れるようなことは一度もありません。

 

 

自転車+電車通勤の人にはコレ!

自転車移動だけなら、上下別のレインウェアがベストですが、電車移動もあるならちょっと使いにくいですよね。
何がって、ズボン人前で脱げない。

下にもズボンなりスカートなりはいているので問題はないはずですが、レインウェアのズボンを脱ぐのって何だか気まずい。
上だけならささっと脱げるのに・・・「みんなどうしてるのかな」と調べてみたところ、

 

見つけました!
便利なアイテム!

脚の濡れをカバーしつつ、手軽に脱ぎはきができるアイディア商品です。

 

 

雨の日の自転車に、レインハットは必須!

買うか買わないか迷うのがレインハット。
レインコートにフードがついてるし、それをかぶればOK!という方もいますよね。

ですが、私はレインハットは必須!だと思っています。
なぜなら、フードをかぶると後方確認ができないから。

 

自転車で道を曲がったり、渡ったりするときは、必ず後ろを振り返りますよね。
後ろから車が来てないか確認します。

ですが、フードをかぶると走りながらうまく後ろが見えない。
これはストレス!!
というか、危ない・・・。

 

曲がるたびに、ブレーキを踏んでしっかり後ろを確認するのなら、フードでもOKだと思いますが、これが結構面倒です。

ということで、レインハットを購入しました。

 

レインハットはサンバイザータイプがおすすめ

レインハットはしっかりとしたツバばついたサンバイザータイプがおすすめ。
おしゃれさにひかれて、こんな帽子を購入したこともありましたが・・・


ツバがひらひらと風にあおられて顔面びっしょびしょでした。
デザイン気に入っていたのに、残念・・・。

(え?買う前にわかるだろって??)

 

 

「やっぱり!ツバがプラスチックじゃないと」ということで、買い直したのがこちら。

顔面に浴びる雨風を防ぎ、髪型も崩れない優れものです。

 

 

私は髪の毛を1本にくくることが多いのですが、この帽子は後頭部がふっくらしているのですっぽり入れることができます。
いつも帽子かぶるときは、下にずらしたりほどいたりしていたので、この機能はすごく便利。

 

ツバは半透明なので目深にかぶっても前が見えます。
が、私は少し不安なので浅めにかぶっています。

 

その結果、鼻から下は濡れますけど、
しっかり目深にかぶればだいぶ防げると思います。

 

「それほどダサくない」という口コミが決め手になって(笑)、購入しました。
今や雨の日には手放せないアイテムです。

 

こちらの帽子も、雨風をしっかりガードしてくれそうですね。

 

フードは帽子の上からかぶればOK!

そしてさらに、レインハットの上からレインウェアのフードをかぶっています。
なぜならフードをかぶらずに走行すると、フードの中に雨水がたまってしまうから。

それに横からの雨がしのげるので、「フードと帽子のW使い」をしています。
帽子の上からフードをかぶると、帽子のツバで横の隙間が広がります。

フードをかぶったときに問題だった後方確認もしっかりできるんですよ。

 

レインブーツはショート丈が便利

 

上下別なので、レインブーツはショートにしています。
裾がしぼられているレインウェアと併用しているので、靴下は濡れたことがなく快適です。
脱ぎはきがしやすく、収納場所をとらないことが、ショートのメリットです。

 

コスパいい!と評判です。

上だけのレインウェアにするなら、レインブーツはロングがいいでしょう。

 

 

防水リュックがあると安心!

私はリュック派なので、リュックを背負った上からレインウェアを羽織っています
それも踏まえて、レインウェアは少し大きめサイズの方がいいかもしれませんね。

 

レインウェアを脱がないと、リュックの中身が取り出せないのが少々不便。
(特に、保育園について荷物を取り出すときなど。)
次にリュックを買いかえるときは、絶対防水にするんだ!と思っています。

 

カラーバリエーションが豊富です。

 

 

リュックに収まらない荷物。
たとえば、保育園のお布団なんかは、
防水かばんに入れています。

というより、急に降られても大丈夫なように、雨の日に限らずいつもこのかばんです。

 

デザインがすごくかわいい!

 

 

 

冬は防水手袋をプラス!

さらに冬は防水の手袋をプラスしています。
手がカチンコチンにかじかんで辛かったので、保温性が高く、雨の日にも使える手袋!と思って選びました。

 

はじめて使った日は感動しました・・・。

手袋をつけたまま、タッチパネルも操作できるので便利!

 

 

子供はどうする?自転車の雨の日対策

 

自転車のチャイルドシートカバーが最強

子供がいると、なお大変な雨の日自転車。
自分以上に濡れてほしくないですもんね。

私はまず、自転車のレインカバーを購入しました。
カバーをかければ子供はどこも濡れない。無敵です!!

 

雨の日だけでなく、防寒にもなるので冬は毎日つけています。

 

カバーが頭にぶつかると子供が嫌がるので、高さのある方がおすすめ。

 

 

実ははじめは、簡単につけ外しができるレインカバーをさがしました。

雨の日だけつけるようにした方が長持ちするかなと思って。
でも、乗っている自転車に適応しているものがなくて断念。

 

今となってはたとえつけ外しが簡単にできるタイプでも、ずっとつけっぱなしにしてただろうなーと思います。
雨の日の朝は慌しいですし、急に雨が降ることもあるのでつけっぱなしにしておくと気楽です。

 

 

子供のレインコートは丈長めがいい

そして、
保育園の駐輪場に屋根がなく、入り口まで少し距離があるのでフードつきのレインコートを着せています。

フードをかぶせて抱っこで移動。

 

収納リュックつきのレインポンチョ

ですが、抱っこしたときに私のレインウェアの水滴が子供のズボンについて少し濡れてしまいます。

 

次に購入するときは、もっと丈が長いタイプにする予定です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?
憂うつな雨の日ですが、少しでも快適に自転車移動できるアイテムを探してみてくださいね。

 

そして、何よりも安全第一。
路面が滑りやすく、ヒヤリとする場面がたくさんあるのでご注意を!

雨の日は万全な対策をとって、いつも以上に慎重に運転しましょう。