亡くなったペットと話がしたい。今もそばで見守ってるよ。

愛するペットの死。
「心の中にぽっかり穴があいたよう。何もする気になれずに苦しい。」

そんな思いを抱えていませんか?

いつかは時間が解決してくれることかもしれません。
でも、今、持ちこたえることがつらいんですよね。

大丈夫。
前を向けるきっかけを、どこかできっとつかめるはずです。

 

亡くなったペットは今もすぐそばにいる


家族の一員だったペットの死は、本当につらいものです。

その現実を受け止めるのは、簡単なことではありません。

玄関の扉をあけると、あの子が「おかえり!」と出迎えてくれる。
あの子が今もお気に入りベッドですやすやと寝息をたてている。
泣いていると、あの子が心配そうな顔でのぞきこんでいる。

もう一度この手でなでてあげたい、抱き上げてあげたい、大好きなおやつをあげたい。
そして「大好きだよ」と伝えたい。

そんな切実な思いが日に日につのっていく時期があると思います。

いつかは時間が解決してくれるかもしれない。
だけど心が沈んでしまっている今こそ、前向きになれるきっかけがほしいですよね。

 

亡くなったペットがあなたに伝えたいメッセージ

もう亡くなってしまったけど、ペットの気配を感じる場面はたくさんありますよね。
まるで今もそばにいてくれているみたい・・・。
実はそれは、あながち気のせいではありません。

愛する者の死は、あなたの霊感を一時的に高めることがあるそうです。
もしかすると、あなたのことを心配して、その魂は今もそばにいるのかもしれません。

でも、ペットと対話するというところまで、純度を上げることは難しいのです。

 

 

でももし、亡くなったペットと話ができるチャンスがあるとしたら、あなたは何と伝えてあげたいですか?

「ごめんね、あなたが生きているときにもっとそばにいてあげたかった。」
「あなたに出会えて幸せだったよ。」

でしょうか。

そして、何とたずねてあげたいですか?

「今、どうしているの?」
「さみしくない?寒くない?お腹はすいていない?」

でしょうか。

そういう思いを霊能者にたくす、というのもひとつの方法です。
電話占いフィール

 

亡くなったペットと話したい!霊視という方法

亡くなったペットと話をする方法として、霊視というものがあります。
スピリチュアルを得意とする霊能力者にペットの魂と対話してもらうのです。

「亡くなったペットと本当に話ができるの?」と思いますが、ごくひとにぎりの霊感の強い方にはわかります。
イメージとしては「飼い主さんと亡くなったペットのことを話していると、ふわーとペットが見ていた景色が広がる」というような感覚なのだそうです。

 

・好きなおもちゃを持ってきて「いつも飼い主さんとこれであそんでたんんだ!」と教えてくれる
・お母さんのことがとても心配だから、と飼い主さんのそばに寄り添っている
・あたたかく、愛情いっぱいの気持ちが伝わってくる

など、亡くなったペットの見え方や考え方が、霊能者の意識を介してうつしだされるとのこと。

あまりに突然の死で、亡くなったことに気がついていない子もいるそうですが、ほとんどの子がすでに自分の死を受け入れています。
ですから、ペットから伝わってくるメッセージは「さみしい」や「こわい」という死に対するネガティブなものではありません

むしろ、これまで愛情いっぱいに育ててくれた飼い主さんに対して
「もう悲しまないで。幸せだったよ。」ということなのだそうです。

 

ペットと話す占い師さんの選び方

ペットの霊視をお願いするなら、占い師さんの選び方は次の点を大切にしてください。

  1. ペットの霊視が得意な占い師さんを選ぶ。
    (タロット占いや手相占いの占い師さんは不得手なので、スピリチュアル系が得意な占い師さんを選びましょう。)
  2. 話をしていて心が穏やかな気持ちになれる占い師さんを選ぶ。
    ペットが心を開いてくれる人格の持ち主でなければペットの霊視はできません。
  3. 日本全国またにかけて探す。
    霊視が得意な占い師さんで、かつペットとの対話ができる占い師さんは、日本にごくわずかしかいません。
    本物の実力を持っている人にお願いしたいですね。

なるべく広範囲で探しましょう。
自宅で電話をかけて占ってもらう電話占いもおすすめです。
無料鑑定サービスがあるので、実際に話をしてみて、あなたの気持ちに寄り添ってくれる霊能者を選びましょう。

電話占いフィール

↑「フィール」は占い師の採用率が9パーセント。
厳しい基準をクリアした、確かな実力をもった占い師が在籍しています。

 

ペットを亡くした悲しみで胸がいっぱいの今は信じられないと思いますが、いつかは気持ちが癒える日が必ずきます。
時に身をゆだねて、自分の力を信じましょう。

あなたが幸せでいることが、ペットの一番の供養になります。