折り紙で簡単!3種のリボンの作り方・一番おすすめはコレ!

折り紙でリボンを作りましょう。
ラッピングやリースの飾り付けに使ったり、折り紙で作った動物や人形の頭につけても◎

女の子らしいかわいいアイテムなので、マスターしておくと色んな場面で活躍します。

今回は「基本の3つのリボンの折り方」をご紹介します。
写真つきでくわしく説明しているので、ぜひトライしてみてくださいね。

 

ちなみに一番おすすめなのは、3の「本格!立体リボン」です。
ちょっと手間がかかりますが、できばえがダントツかわいいですよ。

 

 

1.簡単リボン

所要時間:5分

 

こちらは、一番簡単に折れるリボンです。
幼児さん(年長)くらいから、自分で折れるかもしれません。

中央の部分の幅をかえることで、できあがりの雰囲気もだいぶ変わります。
お好みの幅で作ってみてくださいね。

 

 

簡単リボンの作り方

①折り紙を半分に折って、折りすじをつける。

 

②上下のふちを、真ん中の折りすじに合わせるようにして折る。

 

③左右のふちを合わせるようにして、半分に折る。

 

④3分の1くらいの幅のところで折る。

 

⑤④で折った箇所を、さらに半分の幅のところで折る。

 

⑥広げる。

 

⑦黄線の折りすじで折る。

 

⑧黄線の折りすじで折り返す。

 

⑨反対(左)も同様に。

 

⑩中央の切れ目にむかって、上下のふちを合わせるようにして折る。

 

ひだを引っぱりだす。

 

⑫4つの角を折る。

 

⑬裏返して、完成!

 

 

2.ひらり♪足つきリボン

所要時間:5~10分

 

ひらりとした足がついてる、かわいいリボン。
折り方自体は簡単なのですが、きっちりと折らないと、できあがりがきれいになりません。

その点では、やや難しいかも?
ていねいに作ることを心がけましょう。

 

ひらり♪足つきリボンの作り方

①折り紙をたて半分に折って、折りすじをつける。

 

②上下のふちを、真ん中の折りすじに合わせるようにして折る。


 

③真ん中の折りすじで、半分に折る。

 

④左右のふちを合わせるように、半分に折って折りすじをつける。

 

⑤上下のふちを合わせるように半分に折って、真ん中だけ折りすじをつける。

 

⑥黄線に合わせて折る。

 

⑦反対も同様に。

このような折りすじがつきました。

 

⑧たて向きにする。

 

折りすじに合わせて、たたむように折る。

 

⑨横向きにする。

 

⑩星印のところを持って、黄線で折る。

 

⑪裏返して、反対側も同様に。

☆印のところを持って、黄線で折る。

 

丸で囲んだ部分を正面にすると、こんなふうになっています。

 

⑫黄線に合わせて角を折る。

 

⑬裏も同様に。

 

⑭☆印のところを持って、ゆっくりと広げる。

かわいいリボンの登場です。
このままでもOKですが、足をつけたい場合は以下の手順を追加しましょう。

 

⑮反対に向ける。

 

☆印のところを持って、下にずらしながら折る。

MEMO

☆印のところが輪になっていて開かない場合は、向きが反対になっているのかもしれません。

上下を逆にしてみましょう。

 

このとき、丸で囲んだところはそのまま。

 

丸で囲んだところに、上からかぶせるようにして折る。

反対も同様に。

 

⑱裏返して、完成!!

 

 

3.本格!立体リボン

所要時間:10分

 

一番おすすめなのが、この立体リボン。
すっごくかわいいですよー!

折り方はちょっぴり複雑。
でも、一度理解できればサクサク折れるようになります。

前半はひたすら折りすじをつけ、後半に一度開いてから形にしていきます。
一つひとつしっかりすじをつけておくと、スムーズです。

はさみが必要なので、あらかじめ用意しておきましょう。

 



本格!立体リボンの作り方

①同じ印を合わせるよう折って、写真のような折りすじをつける。

 

②裏返して、同じ印を合わせるように折って、写真のような折すじをつける。

 

③黄線の折りすじに合わせて、たたむように折る。

 

裾からのぞくとこうなっています。

 

④黄線にあわせて角を折り、折りすじをつける。

 

⑤裏返して、同様に折りすじをつける。

 

⑥折り紙を広げ、白い面を上にする。

 

⑦黄線の折りすじにあわせて、山折りにする。

 

⑧折りすじにあわせて、中央をくぼませながら谷折りにする。

 

上から見るとこのようになります。


正面から見たところ。

 

⑨真ん中の折りすじに合わせて、左右のふちを内側に折る。

 

⑩裏を向けて、同様に折る。

 

⑪すそを一枚めくり、ゆっくり開いて平面にする。

 

⑫裏返して白い面を上にして、はさみで黄線に切れ目を入れる。

 

⑬90度回転させ、向きをかえる。

 

⑭上の角を持ち、下におろす。

 

⑮はさみで黄線に切れ目を入れる。

 

⑯黄線にあわせて、内側に折る。

 

⑰黄線にあわせて内側に折る。

 

⑱裏返して、はさみで黄線のところを切る。

 

⑲リボンの端を中央の隙間に入れこむ。

 

完成!!

 

ちなみに、クリスマスリースにこちらのリボンを飾ってみたのがこちら。↓

クリスマスリースの折り方はこちらの記事にのせています。

クリスマスリースを折り紙で!簡単、おしゃれで本格的な6選

 

 

 

おすすめ折り紙!トーヨーとエヒメ紙工のタント

折り紙の作品をつくるとき、おすすめしたいのがこちらの折り紙。

 

 

タントという折り紙の種類です。
両面カラーで、やや分厚めのしっかりした折り紙です。

これで作ると、同じものでもワンランク上の仕上がりになるので、おすすめです。

 

さきほど紹介したクリスマスリースも、タントで作ったものです。

リボンのアップ。

 

普通の折り紙とタントのくわしい比較は、こちらの記事の最後にまとめています。
ハロウィンの立体かぼちゃを折り紙で!コロンとかわいい3選

 

柄つきの折り紙で作ってもかわいいです!

こちらは、100均(セリア)で購入しました。
ただし、折り方を間違えるとしわが白っぽく目立ってしまうのでご注意を!

チェックとドットの2デザイン、8カラー!
(1の簡単リボンと、2のひらり♪足つきリボンには、こちらの折り紙を使用しています。)

 

おしゃれなフラワー柄!見てるだけでわくわくする折り紙です。

 

 

リボンをプラス!して作る作品

基本のリボンができたら、折り紙で作ったリースやねこにプラスしてみましょう。
リボンを組み合わせると華やかになりますよ~!

 

クリスマスリース

ねこ

ねこちゃんの頭につけてもかわいい!

 

 

もっともっとリボン!リボン尽くしの作品集

基本のリボンとは離れてしまいますが、リボン関連で色んな作品の動画を集めてみました。
女子の心がときめく、かわいいものばかり。

ちょっとしたプレゼントにもなりそうです!

 

 

リボンつきの封筒

柄ちがい(または色ちがい)の両面カラー折り紙を使うと、動画のようにかわいくできます。

リボンBOX

リボンがアクセントになっているBOX。中にお菓子を入れてプレゼントすると喜ばれそう!

こちらも柄ちがいの両面カラーの折り紙がおすすめ。

 

 

リボンのリース

なんて乙女なリース!!

リボンの箸置き

千代紙で作るとすてきですね。
折り紙1枚で、箸置きが6個できます。

おもてなしにも是非!

リボンリング

リボンの指輪♪女の子の子どもさんに作ってあげたいですね!

 

まとめ

リボンってやっぱりかわいいですね・・・!
チェックや花など、柄のついた折り紙で作るのもおすすめです。

マスターして、色んな飾り付けに使ってみてください。