お盆の迎え火と送り火。こんな時どうする?4つのパターン解説

お盆とは8月15日を中心に行われる、先祖の霊を供養するための儀式です。

そして、お盆の初日と最終日に焚くのが「迎え火」「送り火」です。
古くから続く日本の風習ですが、昨今の住環境の変化により迎え火や送り火を焚くことが難しいケースも増えてきました。

今回は「迎え火や送り火とは?」 「いつどうやって焚くの?」という基本解説に加えて、「マンションに住んでいる場合は?」 「お墓から距離がある場合には?」など、こんな時どうすればいいの?を4つのパターンで詳しくお伝えしていきます。

お盆の迎え火、送り火とは?

 

お盆に先祖の霊を迎えるのが「迎え火」、送るのが「送り火」です。

「迎え火」とは:先祖の霊が家に帰ってくるとき、迷わないように目印として焚く火のこと。

 

「送り火」とは:先祖の霊を送り出すとき、私たちが見送っている証として焚く火のこと。

有名な京都の「大文字焼き」も送り火の1つです。

お盆の迎え火、送り火はいつするの?

多くの地域では「迎え火は8月13日の夕方から」「送り火は8月16日の夕方から」行います。
一般的なお盆は8月13日~16日の4日間なので、初日である13日に先祖の霊を迎え、最終日である16日に送り出します。

また都市部など一部の地域では、お盆は7月13日~16日の4日間です。ですから、「迎え火は7月13日の夕方から」「送り火は7月16日の夕方から」行います。

MEMO
もともとお盆は日本全国7月だった!?

実は、もともとお盆は日本のどの地域でも旧暦の7月13日~16日でした。
ではなぜ、お盆は8月になったのでしょうか。

 

それは、明治時代になって新暦が採用されたことと関係があります。新暦になり、お盆の期間と農家の人たちの繁忙期が重なってしまうという事態が発生。
そこで、お盆の期間をひと月遅らせ、ゆったり先祖の供養ができるようにした、というわけです。

 

このことから、8月のお盆を「旧盆」「月遅れのお盆」と言います。現在ではこちらが主流になっています。
都市部だけ7月のお盆である理由は、地方のお盆と時期をずらすことで、家族や親戚が集まりやすくするためだと言われています。

お盆の迎え火、送り火のやり方

迎え火のやり方

13日の夕方頃から迎え火を焚いて先祖の霊を迎えます。(前日の12日に行う地域もある。)

家の門口や玄関で焙烙(ほうろく)という素焼きのお皿にオガラを折って積み重ね、火をつけて燃やします。このときに生じる煙に乗って、先祖の霊が家に帰ってくるとも言われています。

また、地域によってはお墓まで先祖の霊を迎えにいく風習があるところもあります。
その場合は菩提寺とお墓に参った後、お迎え用の提灯に火を灯し、その明かりで先祖の霊を家まで導きながら帰ります。

焙烙(ほうろく)は仏壇店で、オガラは花屋さんやスーパーで購入することができます。

オガラとは・・・

 

オガラとは、麻の皮をはぐと出てくる芯の部分のこと。
昔から麻は、清浄な植物として考えられてきました。

 

邪悪なものを祓い清め、その空間を清浄なものとするために、迎え火・送り火ではオガラを燃やします。

送り火のやり方

16日の夕方頃から迎え火と同じ場所で送り火を焚いて、先祖の霊を送り出します。やり方も迎え火と同様、焙烙(ほうろく)の上でオガラを燃やします。

 

お盆のお仏壇のお供えやお膳についてはこちら。
お盆の仏壇へのお供えは?忙しくてもできる5つのポイント

 

こんなときどうする!?迎え火、送り火の4つのパターン

1.マンションなどの共同住宅の場合

マンションなどの共同住宅の場合、玄関先やベランダで迎え火、送り火を焚くのは難しいですよね。

その場合は、提灯(ちょうちん)が迎え火、送り火の役割を果たしてくれます。
いわゆる”盆提灯”というものですね。迎え火と同じく、この提灯に明かりを目印に先祖の霊が帰ってきます。

もしできそうであれば、ごく少量のオガラに火をつけて形だけ迎え火を焚き、火が消えたら提灯に明かりを灯すようにしましょう。

※火のそばから離れる際には、必ず消えていることを確認しましょう。

 

※オガラの量が多いと火柱が高くなってしまうので、ご注意ください。

 

※火災報知機の位置を確認しておきましょう。



 

2.お墓までお迎えに行く風習があるが、家まで距離がある場合

お墓までお迎えに行く風習がある地域の場合、提灯に火を灯して徒歩で移動するのが一般的です。

ですが、引越しをしたり、代替わりをするとお墓までの距離が徒歩圏内でなくなってしまうことも・・・。
伝わってきた風習は大切にしたいものの、車で数時間する距離はさすがに歩けませんよね。

その場合は、やはり車や電車で移動することを検討しましょう。
とは言っても火のついた提灯を持って車や電車に乗るわけにはいきません。

『LEDタイプのろうそく』を活用して提灯に明かりを灯してはいかがでしょうか?
車で短時間の移動の場合、提灯の代わりに『渦巻き線香』を運ぶ人もいます。

3.初盆(新盆)の場合

初盆(新盆)とは、故人の四十九日の忌明け後に初めて迎えるお盆のことをいいます。
(四十九日の間にお盆を迎えた場合は、その次の年が初盆になります。)

初盆は「はつぼん」「ういぼん」、新盆は「あらぼん」「にいぼん」「しんぼん」などと読みます。

ちなみに、うちの地域では「にいぼん」と言っていたので、全国どこでも「にいぼん」なんだとずっと思っていました。
一つの言葉にこんなにたくさんの呼び方があるなんて、驚きですね。

 

新盆では故人の霊がはじめて帰ってくるお盆なので、家族のほかに親戚縁者を招いて特に手厚く供養を営みます。
菩提寺の住職に法要をお願いする家庭も多くあります。

そして、飾る提灯の種類が通常のお盆とは異なりますのでご注意ください。
新盆では、無地で白張の『白提灯』を使います。
その年に新盆を迎える家庭に、親戚縁者が白提灯を贈るという風習がありますが、最近では「お提灯代」として現金を渡すことが増えてきています。

この白提灯にロウソクの火を灯し、玄関や部屋の窓際、仏壇の前などに飾ります。
(最近では安全のために火を入れずに白提灯だけ飾ったり、ロウソク電地灯を使うことが増えてきました。)

白提灯は新盆の時にしか使わないので、お寺におさめたり、送り火で燃やしたりします。
事前に菩提寺に確認しておきましょう。

新盆以外のお盆では、秋草模様などが入った提灯を使います。

4.浄土真宗を信仰している場合

浄土真宗の教えでは「亡くなった人は極楽浄土に往生している」とされているため、迎え火・送り火は行いません
お盆だけ先祖がこの世に帰ってくるという考え方ではないからです。

ですから、精霊棚(お盆の期間、ご先祖様をもてなすための棚)などの準備をする必要もありません。

浄土真宗でもお盆の期間に盆提灯を飾ることがありますが、それは仏様と先祖に報恩感謝をささげるためのものなのです。

 

まとめ

子どもの頃はお盆になるとご先祖様の霊が戻ってくると聞いて、「ちょっとこわい」と思ったものでした。
ですが、近しい人が亡くなる経験をした今は「久しぶりのわが家で、好きだったお酒を飲んでいるかな」と懐かしく和やかな気持ちになります。

特に新盆の時は「故人がまたわが家に帰ってきてくれる」と心なぐさめられる方も多いのではないでしょうか。
お盆はご先祖様の供養が目的ですが、生きている者のためでもあるのですね。
そんなお盆の始まりと終わりに焚く迎え火と送り火・・・。
古くから続く大切にしたい風習ですが、住環境の変化などにより行うことが難しい場合には、形式にとらわれる必要はありません。

火を灯さずに提灯を飾る、LEDろうそくに明かりをつけるなど、できる範囲で行うようにしましょう。
何よりも大切なのは「故人を懐かしみ、思いをよせること」や「今の自分があるのはご先祖様のおかげだと感謝すること」です。
家族でよいお盆が過ごせますように。