千葉ロッテ永野将司投手は結婚してる?お嫁さんと授かり婚で子供は一人

広場恐怖症を公表した千葉ロッテマリーンズの永野将司投手。
永野投手は大学時代から、飛行機や新幹線などの乗り物にのることに不安を感じるようになっており、現在服薬やカウンセリングで治療しています。
回復には周囲のあたたかいサポートも不可欠ですね。

ところで、永野投手はご結婚されているのでしょうか?
実は、2017年にご結婚され、現在一児のパパでもあります。


今回は、永野将司投手の家族についてまとめました。

永野将司投手の妻は、准看護師の紗央里さん

永野投手は、2017年に准看護師である紗央里さんとご結婚されています。
紗央里さんは、働きながら看護師の取得を目指しているそうです。


2017年3月に交際をはじめ、9月に永野投手からプロポーズ。
交際期間が約半年のスピード婚だったんですね。

「私事ですが、昨日、入籍しました。明るい家庭を築きたいです。」と結婚の報告をされました。

永野投手は紗央里さんについて「やさしくて思いやりのあるところが好きです」とコメントしていました。

見た目もかわいらしく、清楚な感じですね~^^

奥様である紗央里さんとの入籍日ですが、千葉ロッテとの入団交渉に合意した日(2017.11.20)の前日である19日です。
そしてなんと、新妻さんも同伴でインタビューに応じています。
↑上の写真がそのときのものですね。

永野投手は、最速154キロを誇るサウスポー。
契約金3000万円、年棒770万円という契約で合意にいたりました。

 

永野投手は授かり婚で一児のパパ

また、結婚したときにはすでに、紗央里さんは妊娠しており、2018年4月にご出産されました。

ということは、もうすぐ1歳の赤ちゃんですね。

「子供が生まれたときに1軍でいられるように、アピールしていきたい。」とお子さんの誕生とからめてコメントされていた永野投手。

お嫁さんと子供さんのために、がんばりたいという熱意が伝わってきます。

 

広場恐怖症には暴露療法が有効

広場恐怖症の治療には、不安薬の服用やカウンセリングが有効とされています。
永野投手も薬を服用していましたが、それが試合でのパフォーマンスに影響がでてしまったとのことで、今後はカウンセリング療法に力を入れていく意向です。

精神科の治療薬は、普通の人でも眠気がくるなどの副作用に悩まされることがありますが、永野投手は一流のプレイヤーなので調整が難しそうですね。

カウンセリング療法のなかでも、『暴露療法』というものが、広場恐怖症などの不安障害では有効です。
臨床心理士をはじめとする専門家に対し、自分の思いを本音で話していく、健全で前向きな思考パターンをとりいれていく、という療法です。

広場恐怖症は根本には「物事をネガティブにとらえやすい」という傾向が含まれているケースが多々あるようで、“自分の考え方”を見つめなおしていくことが、治療の第一歩といえそうです。

まとめ

永野投手のお嫁さんは、看護師さんでお優しい方のようで安心しました。
永野投手は広場恐怖症に大学時代から悩んできたとのこと。
長くわずらっていたぶん、治療にも少し時間が必要かもしれませんが、早くよくなってほしいですね!