喪中・忌中の正月は初詣に行っても大丈夫?挨拶の対応も紹介

喪中のとき、正月の挨拶や過ごし方はどのようにすればよいのでしょうか。

普段は新しい年を迎えてお祝いごとが多くなりますが、喪中のときはいつもと違った過ごし方になります。

家族や親戚が亡くなって「おめでとう」と言わないことや、「お祝いごと」を控えるなどなんとなくのイメージはあると思いますが、具体的には…となるとわからないことが多いですよね。

この記事では迷いがちなポイントを解説していきたいと思います。

そもそも喪中とは?

喪中とは「故人の冥福を祈り、派手な行動を避ける期間」とされています。

「家族や親しい人の死を悲しみ、不幸を乗り越える期間」とも言われています。

具体的には、身内に不幸があった場合は、自身の慶事(結婚式などのお祝いごと)を控えたり、慶事への参加・出席を見合わせたりします。

喪中の期間については色々な考え方がありますが、一般的には約一年間、つまり翌年の新年の挨拶は差し控えることが共通しています。

慶事への参加を見合わせる「忌中」期間とは?

特に「忌中(きちゅう)」と呼ばれる、亡くなってから四十九日の法要までは、遺族は慶事の実施や参列自体を見合わせます。

結婚式やお祭りなど、おめでたい行事になるべく参加せず、慎んで静かに暮らすということですね。

四十九日の法要が終われば「忌明け」となり、慶事への参列をしても問題ないとされています。

なぜ四十九日?
仏教では、死後49日後に霊が成仏して仏様のところへ向かうとされています。

そのため、49日に法事を行うのですね。

喪中のときに避けた方がいいこと

忌中が終わり(忌明け)、喪中(死後およそ一年間)の期間になったとしても、避けた方がいいと言われていることがあります。

特に年末年始に関係する行事が多いため、次のポイントに注意してみましょう。

初詣

神社(神道)では、忌中の期間は参拝を控える方がよいとされています。
「死」は「穢れ(けがれ)」に当たると考えられていて、神様の住まいである神社に穢れを持ち込むことがよくないとされています。

お寺(仏教)では、正月に故人や先祖へ新年の挨拶をするという考え方があり、たとえ忌中であってもお参りは問題ないとされています。

神社とお寺の違い
神社は神道の施設で、神様を祀っているところです。見た目の特徴としては鳥居があります。

お寺は仏教の施設で、仏様を祀っているところです。仏像やお墓があるのが特徴です。

*point

・亡くなった方との関係によって最大49日(神道は50日)を「忌中」として、神社へのお参りを避ける。
・忌明けになれば、「喪中」でも神社への参拝は問題ない。
・お寺では、忌中・喪中は特に関係しないので初詣に行っても問題ない。

喪中のときの正月の挨拶

亡くなってから約一年間が喪中期間となりますので、一度は新年の挨拶を見合わせることになります。

「喪中なので新年をお祝いできる状況ではありません。新年の挨拶は控えさせていただきます。」という喪中はがきを送り、意思表示をしておきましょう。

時期は、11月初旬から遅くても12月初旬までには出しましょう相手が年賀状を書き始める前に届けるのがマナーですね

ちなみに「喪中でお祝いできません」と伝えるものですので、相手から年賀状を受け取るのは問題ありませんよ。

年賀状を受け取った場合の対応

喪中の間に年賀状を受け取ったらどうすればいいでしょうか。

喪中では、もらった年賀状の返事としても「新年おめでとう」などの年賀の挨拶は慎むべきなので、松の内(1月7日前後)がすぎてから「寒中お見舞い状」として返事を出すとよいでしょう。



寒中お見舞い状とは?

「寒中お見舞状」は本来は季節の挨拶状として使われるものですが、年賀状と時期が近いために省略されることが多いものです。

喪中では「年賀状」としては返せませんので、この寒中お見舞状にお礼の言葉を入れて送るとよいでしょう

書くときの注意点としては、年賀の「賀」はおめでたい言葉なので使用を控え、「年賀状」は「お年始状」や「年頭のご挨拶」といった表現に言い換えます。

また、「おめでとう」「お喜び」といった表現も使いません。もし喪中はがきを出していなければ、その旨を詫びる文章を入れましょう。

寒中見舞い状の文章構成

1. 寒中見舞いの言葉
2. 年賀状へのお礼
3. 喪中のお知らせ
4. 喪中はがきを出さなかったことへのお詫び
5. 締めの挨拶

寒中お見舞い状の文例

寒中お見舞い申し上げます。 …(1)

 

ご丁寧なお年始状をいただき、ありがたく存じます。 … (2)

亡き祖父の喪中につき年頭の挨拶を控えさせていただきました。 …(3)

旧年中にお知らせ申し上げるべきところ、年を越してしまいました非礼を深謝いたします。 …(4)

寒い日が続きますが、風邪など召されませぬようお気を付けください。 …(5)

詳しくは「喪中の間に年賀状をもらったら?返信の仕方と文例」という記事でご紹介しています。

会ったときや電話での挨拶

自身が喪中の場合は次のような祝賀の言葉を使わないのが一般的です。

・「あけましておめでとうございます」
・「新年おめでとうございます」

身内に不幸があって悲しみに暮れているときには、新年だからといって「おめでとう」と言える気持ちにはなれないですよね。

喪中時のあいさつのポイントは、「昨年お世話になったことへのお礼」と「新年の付き合いをお願い」するの二点にあります。

・「昨年は大変お世話になりました。」
・「今年もどうぞよろしくお願いします。」

「おめでとう」という祝賀の言葉こそ入っていませんが、新しい年を迎えての挨拶としておかしい点はないですよね。

 

喪中のときの正月の挨拶まとめ

それぞれのシーンで対応が異なってきますが、基本的なところは共通ですので次のポイントは押さえておくといいですよ。

直接声をかけられたときは…

「あけましておめでとう」などと言われることが多いですが、喪中ですので自分からはお祝いの言葉を言うことができません

・「おめでとう」などお祝いの言葉は避ける。
・「昨年のお礼」は伝える。
・「今年もよろしくお願いします」という挨拶は含める。

たとえば、「昨年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いします。」とすれば、お祝いの言葉は避けていますし、自然な返答になりますよね

年賀状をいただいたときは…

喪中はがきを出した相手・出さなかった相手に関わらず、年賀状をいただいたときはどうすればよいでしょうか。

年賀状としては返事をしない
1月8日以降に「寒中お見舞い状」として出す

という対応をするのがスマートでしょう。

相手からうっかり「おめでとうございます」と言われても、「うちは喪中だから…」ときちっと説明できる間柄ばかりではないですよね。

ご紹介してきたことを踏まえて、さっとスマートな受け答えができるように心がけたいですね