香典のお札の向きはどれが正解?迷わない表書きの選び方も

急に香典を出すことになったけれど、不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)にお札を入れる向きは表向きか裏向きか、人物の顔が上か下か…どれが正しいか気になったことはありませんか?

知っている人に聞くのが一番ですが、なかなか聞けない場合がありますよね。

知らず知らずのうちに、相手の失礼に当たらないように向きをしっかりと知っておきましょう。

 

この記事では、「お札の向きは表裏・上下どれが正解?」「宗教によって異なる表書き」についてご紹介していきます。

結論!お札は表向きで人物の顔を上に

不祝儀袋に紙幣(お札)を入れるときは、お札を表向き(人物面)にして、人物の顔が上になるように包みます。

紙幣を複数入れるときは、すべて同じ向き(表裏・上下)になるように揃えましょう

不祝儀袋とは

不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)とは、葬儀など不幸事の際に金品を包むために使う袋のことです。香典袋とも言います。

お札はどちらが表?

お札の「表」はどちらの面でしょうか。お札の表 = 人物像が描かれている面です。

あまり意識したことがなくても実物を見ればなんとなくわかりますが、念のために確認しておきましょう。

描かれている人物は、一万円札が福沢諭吉、五千円札が樋口一葉、千円札が夏目漱石ですよね。

豆知識
ここでは関係ありませんが、硬貨は「100」や「500」といった数字の面が「裏」なんですよ。100円玉には桜、500円玉には桐の大きな図柄が入っていて、その面が「表」です。

慶事との入れ方の違い

慶事(祝い事)・弔事(不幸事)問わず、お札を入れる向きは一緒です。

慶事に対して弔事は非日常的なこととして、お札の向きを人物が表ではなく、顔を伏せるという意味で裏向きに入れるという考え方があります。

ですが、香典を頂く立場で考えると、裏向け = お尻を向けて挨拶されたとも解釈できてしまいます。これでは無礼・不躾ですよね。

弔事であっても、お札は表向きにして、きちんとご挨拶しましょう。

Memo
解釈は色々ありますが、基本は相手への失礼にならないこと。裏を向ける = お尻を向けるという解釈ができる以上、それを避けるのがマナーであり相手への配慮と言えます。

不祝儀袋には新札?古札?どっち?

慶事(祝い事)のときは、祝儀袋に事前に用意した新札(まだ使われていなくてシワのないお札)を包んでお祝いの気持ちを表現します。

一方で弔事(不幸事)は突然やってくるもので、事前に準備をすることができません

「急だったので手持ちのお札で用意しました」という気持ちを表現する意味があるため、基本的に新札を使うのは好ましくありません。

新札を使うと「不幸事が起きることを見越して、以前から準備していたのか」という印象を与えてしまうことがあるからです。

とはいえ、あまりに使い古したお札を使うわけにもいかないですよね。汚れていたり、破れていたり、シワだらけだったりすると失礼にあたります。

もし手元に新札があるなら、一度半分に折って折り目を付けてから包むとよいでしょう。そうすれば以前から準備していたという印象を与えなくて済みます



宗教によって異なる「表書き」の選び方

「御佛前」「御霊前」など不祝儀袋の表書きは何種類かありますが、どのように選べばよいのでしょうか。

もっとも一般的なのは「御霊前」ですが、故人の宗教・宗派によって変わります。

御霊前

御霊前(ごれいぜん・みたまえ)は、仏教の葬儀以外で故人の宗教がわからないときに用います。この場合、不祝儀袋は「蓮の模様が入っていないもの」を選んでください。

仏教では四十九日の法要前に用いることができます。ただし、宗派が「真宗」(浄土真宗ほか)では用いられません。

真宗には「即日成仏(亡くなるとすぐに仏になる)」という教義がありますので、「御佛前」「御仏前」を用いましょう。

御佛前・御仏前

御佛前・御仏前(ごぶつぜん)は、仏教式で四十九日の法要以降に香典を持参するときに用います。

仏教では、亡くなってから四十九日後に仏になるという考え方があるため、その法要以降では「御佛前」とします。それまでは「御霊前」とします。

真宗(浄土真宗ほか)では葬儀の時点から「御佛前」とします。

水引は一般的に黒と白ですが、関西では黄色と白を使うことがあります。

御香典

御香典(ごこうでん)は、仏教式の葬儀に香典を持参するときに用います。

焼香のためのお香に代えてお供えをするという意味で、真宗であっても使うことができます。

御玉串料

御玉串料(おんたまぐしりょう)は、神道の葬儀で弔慰金を持参するときに使います。

玉串や榊(さかき = 神事に使う木)に代えてお供えをするという意味です。

お花料

お花料(おはなりょう)は、キリスト教式の葬儀で弔慰金を持参するときに使います。

十字架や花の模様が入った不祝儀袋も市販されています。

表書きの下段にはフルネームを

表書きの下段には、自分の名前をフルネームで記入します。毛筆や筆ペンを使いましょう。

葬儀当日に渡す香典については、「悲しみの涙で墨がにじんでしまった」との意味から「薄墨」と呼ばれる色を用います

四十九日などの法要では、「心を込めて墨をすった」との意味で普通の墨色(黒)を用います

既に表書きが印刷されている不祝儀袋の場合、薄墨で名前を書くとちぐはぐな印象にならないか心配ですが、薄墨を用いなくても構いません。書いた文字がはっきり判読できるように注意すれば問題ありません。

水引の選び方

二度とあってほしくない弔事は、水引が結び切りのものを選びましょう。結び切りは「ま結び」か「あわび結び」とします。「のし」は付けません。

コンビニや100円ショップでも販売されていますので、不祝儀袋については事前に準備しておくと慌てなくてすむでしょう。

この写真はダイソー(100円ショップ)で売られていた不祝儀袋です。水引が印刷されているタイプですが、こういったものを用いても差し支えありません。

ただし、故人との間柄が近く包むお金が高額だと、袋と中身が不釣り合いに感じるでしょう。

印刷された水引を使う場合は、目安として5,000円くらいまで。それ以上になると、水引が印刷でない(取り外せるタイプ)の袋を用いましょう。これらも100円ショップやコンビニで売られています。

不祝儀袋の折り込み方

不祝儀袋で上下の折り込みが裏面で交わるタイプのものは、慶弔によって重ね合わせる方向が違ってきます。

不幸事に用いるものは、「頭(こうべ)を垂れて悲しみを表す」との意味から、裏面上部の折り返しが上になるように重ねます。その状態で水引で固定すればいいでしょう。

ちなみに祝い事に用いるものは、「天を仰ぎ喜びを表す」との意味から、不幸事とは逆に裏面下部の折り返しが上になるように重ねましょう。

まとめ

不祝儀袋に関する話(お札の向き、新札古札、表書き)は様々な考え方があり、特に地域・風習によっても違いますので、実はこれが正解というのは一概に言い切れないところがあります。

ですが、マナーというのは相手を思いやる心のことです。相手を敬い、気持ちを察し、迷惑をかけないこと。

正解を探すことはむずかしくても、少なくとも故人や喪主に失礼にならないよう、お札の入れ方、表書きなどに気を遣い、敬う気持ちを持つことを忘れないようにしたいですね。

冠婚葬祭マナーのおすすめ書籍

冠婚葬祭のマナーについては、こちらの本が詳しいですよ。三越伊勢丹のギフトサロン内「儀式110番」のカウンターに寄せられた質問がまとめられた本です。

内容はQ&A形式になっていて、読みやすい文章量で書かれています。目次は行事ごとに整理されており、知りたいことがすぐに見つけられます。

約500ページに及ぶ辞書のような本です。一家に一冊あるとどんな場面にも対応できて安心です。

5 Comments

現在コメントは受け付けておりません。