会社関係で香典を出す時の書き方!名前や表書きはこう選ぶ

会社勤めをしていると、仕事の関係で通夜や葬儀・告別式に参列する機会があります。

職場内では同僚や上司、部下、またはその家族に対して、社外では取引先に対して香典を出すこともあるでしょう。

そのようなとき、「代理参列のときの名前の書き方は?」「表書きはどう選べばいいか」「香典袋はどれにすればいいか」と悩んでしまいますよね。

この記事では、「もう迷わない!名前の書き方」「代理で参列する際の対応」「香典袋の選び方」についてご紹介していきます。

香典袋への名前の書き方

香典袋に記載する名前は、それを見て故人との関係がわかるようにする必要があります。

特に会社関係ですと個人名だけでは関係性がわからないことが多いため、会社名も併記しておくとわかりやすいでしょう。

また、哀悼の意を表するのは誰か(香典の出処はどこからか?)によって書く内容が変わりますので、ひとつずつ見ていきましょう。

個人のポケットマネーで香典を出す場合

あなたのポケットマネーであれば、「会社名」+「自分の氏名」を書きましょう。氏名だけだと遺族側としてはわかりにくいため、会社名を書いておくと「勤務先の○○さんね」とわかり親切ですね。

名前を書くスペースの右寄りに会社名を書き、氏名が真ん中に来るようにしましょう。

会社から香典を出す場合

会社の経費から出るのであれば、「会社名」+「代表者役職」+「代表者氏名」を書きましょう。

先ほどと同様に、名前を書くスペースの右寄りに会社名を書き、氏名が真ん中に来るようにします。役職は氏名の上に少し小さめの字で書きましょう。

スペース的に入りきらないのであれば、右から会社名、役職名、氏名と三行にして構いません。

基本的に会社名だけを記載することはありません。会社名だけの香典をマナー違反と捉える方も中にはいるそうです。

香典を代理で持っていくとき

香典袋には「会社名」「代表者名」を記載し、(代)と小さく書きましょう。代理人の名前は香典袋には書きません。

そして、葬儀会場受付の芳名帳には、会社名と代表者名を記載し、行を変えて小さめに(代理)あなたの部署と名前を書くようにします。

代表者や上司の名刺を預かっている場合は、名刺の左上に「弔」と書き、下側の空きスペースに代理で参ったことを記載しましょう。

連名のときはどう書く?

2名以上の名前を記載する場合は、目上の人ほど右側に記載します。

4名以上になる場合は、「営業部一同」などとして、別紙にそれぞれの名前と金額を記して同封します。

会社有志で香典を出す場合の相場

会社によっては個人で香典を包まず、有志で少額ずつ出し合ってまとめて渡す場合があります

香典袋の表書きには「○○株式会社 営業課一同」とし、中にメモを入れます。
ただ、「家族葬」ということであれば基本的には香典を辞退されます。
香典や香典返しの煩わしさをなくすために家族葬にする場合もあります。
一般参列御断りの葬儀なら香典は出すべきではありません。参列拒否なのに香典だけ受け取るケースはないでしょう。

金額はひとり1,000円~2,000円が一般的です。

全員の分をまとめてひとつの香典袋に入れますが、そのままでは誰がいくら包んでくれたのかがわかりません。

次のように部署、氏名、金額を記入したメモを同封するとよいでしょう。基本的には縦書きとします

何名までという人数制限はありませんが、目安として30人くらいまでが常識の範囲内だと言えるでしょう。

同じ会社で事業所が複数あるような場合も、できるだけひとつにまとめると親切です。

有志の場合は香典返しの辞退を検討

一人ひとりで出す金額が少額のため、「香典返し」の際に相手方を苦慮させてしまうことがあります。

有志で出し合う場合、「家族を亡くして大変なときに余計な気遣いをさせたくない」という理由から、香典返しを辞退するケースが見られます。

先ほどの部署、氏名、金額を記入したメモに一筆添えるとよいでしょう。

「まことに勝手ではございますが、お返しなどのご配慮は遠慮させていただきたく、お願い申しあげます。」

相手方から言い出せるような内容ではありませんので、このように書き添えておくと親切と言えるでしょう。

硬貨・小銭は絶対NG!

言うまでもありませんが、香典は必ずお札で用意しましょう。絶対に硬貨を含めてはいけません。

重たい、かさばる… 等の理由はありますが、それ以前に香典はお札で用意するものというのが常識です。

たとえば「ひとり500円」という集め方をしていると、端数が出やすくなりますので注意が必要です。

・500円足して、1,000円単位のキリのいい金額にする。
(差額はみんなで負担する。)

・集めた人が手持ちのお札と両替する or 銀行で両替する。

・最初から2人1組でお金を集める。
ひとりは1,000円札を出し、もうひとりがその人に500円を渡す。

香典を包むという気持ちは大切ですが、非常識な包み方をしてしまうと、せっかくの厚意が台無しになるどころか失礼にあたってしまいます。最低限のマナーを持つようにしたいですね。

香典袋の表書きはどう選べばいい?

香典袋の表書きには「御霊前」「御佛前」などいくつかの種類があります。

主に宗教によって使い分けがなされていて、間違ったものを用いると失礼にあたりますので注意しましょう。

詳しくは「香典のお札の向きはどれが正解?迷わない表書きの選び方も」という記事に書いていますので、そちらをご覧ください。

個人で香典を出す場合の相場

本人が亡くなった場合

職場関係の方が亡くなった場合の香典は、おおよそ5,000円が相場とされています。亡くなったのが自分の上司や先輩であっても、先ほどの大原則「目上に薄く」の通り、金額は5,000円でよいと考えられています。

ですので、参列する場合の香典は5,000円が無難な金額と言えるでしょう。

なお、自分の立場が会社の社長や役員である場合は、「目下に厚く」で相場より多めの5,000円~10,000円とすることが多いようです

詳しくは「会社関係の香典の相場は?多すぎても失礼!3通りの金額例」という記事にまとめていますのでご覧ください。

不祝儀袋の選び方

不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)には、「水引が付属しているもの」と「水引が印刷されているもの」があります。

「中身の金額と簡素な袋が釣り合っていない」「袋が立派なのに中身が少ない」などにならないよう、包む金額によって使い分けましょう。

水引が印刷されているもの

目安として3,000~5,000円程度を包みます。

ただし、通夜・葬式ではほとんど使われません。金額が少ない法事や初盆で使われることが多いようです。

水引が付属しているもの

目安として10,000円以上を包む場合は、水引が印刷ではない「付属」している袋を選びましょう。
5,000円からでも使って差し支えありませんので、気になるようなら水引付属の袋にする方が無難と言えます。

また、水引が付属している袋にもランクがあり、袋の作りや水引の色で使い分けがされています。

あくまで一例ですが、水引の色で次のように使い分けましょう。

白黒の水引 … 1~3万円。
銀黒の水引 … 3~5万円。(銀銀の場合もあり。)

書き方まとめ

会社で香典を出す場合についてご紹介してきました。

基本のルールを押えればむずかしいことはありませんので、気負うことなく準備を進めましょう。

ただし、会社によって独自のルールがあることも多いため、最終的には相談できる同僚・上司に確認することをお勧めします