壁のカビ掃除が5分の作業で完了!手軽で安全な方法を大公開

カビ掃除というと「カビキラー」や「カビハイター」などの塩素系漂白剤をイメージしますが、壁は水洗いできない場所なのでからだへの影響が心配ですよね。赤ちゃんがいるご家庭では特に気になるところだと思います。

強い薬剤の使用は避けたいですが、カビの除去が不十分だと人体に悪影響を及ぼすため、しっかりと取り除く必要があります。

今回は住宅用中性洗剤、エタノール、逆性石鹸を使った『安全で確実性の高いカビ掃除の方法』をお伝えします。また、スプレーして水拭きするだけでカビが取れるのに、乾燥すると無害になるというおすすめのカビ取り洗剤についてもご紹介します。(作業する時間は5分ほど)

壁の材質の確認

カビ掃除をする前に、大切なことがあります。それは・・・壁の材質を確認することです。壁の材質には色々な種類があり、あやまった洗剤を使ってしまうと壁を劣化させてしまうおそれがあります。

適切な洗剤を使用するために、まず調べてほしいのが「壁の材質が水に強いのかどうか?」ということ。少量の水を手にとり、壁の目立たないところにつけてみましょう。壁が吸い込むかどうかを確認してみてください。

壁が水をはじく場合→エタノール、逆性石鹸、住居用洗剤、カビ取り洗剤を使用することができます。

 

壁が水を吸収する場合→布製や紙製のクロス、木、漆喰が使われています。そっと拭き掃除する程度にとどめておきましょう。一部のカビ取り洗剤はこのタイプにも使えます。(『カビホワイト カビ強力除去スプレー』での掃除の仕方を後半にご紹介しています。)

それぞれの掃除方法をチェックしていきましょう。壁のカビだけでなく、部屋全体がカビ臭いという場合はこちらの記事も合わせてご覧ください。『部屋がカビ臭い!臭いのもとから解消する、4つの即効解決法』

水をはじく壁のカビ掃除

壁が水をはじく場合、住宅用中性洗剤とエタノール(逆性石鹸でも可)を使って掃除しましょう。この方法で掃除してもカビが残ってしまった場合は、塩素系漂白剤(ジェルタイプ)かカビ取り洗剤の使用を検討します。

『住宅用中性洗剤+エタノール』で壁のカビ掃除!

住宅用中性洗剤を壁のカビに吹きかけ、しばらく放置して汚れを浮かせます。雑巾で水拭き。乾いたら、エタノールを拭きかけカビを除菌します。

『住宅用中性洗剤+エタノール』で掃除する手順

掃除をはじめる前に、窓やドアを開けて換気。マスク(手袋)を着用しましょう。
(1)住宅用中性洗剤を吹きかけ、しばらく放置
(2)雑巾で水拭きし、乾かす
(3)エタノールで除菌仕上げ

※手荒れが気になる場合は手袋をつけましょう。
※エタノールは火気厳禁です。火を近づけると発火するおそれがあります。

エタノールの種類に注意!カビの消毒・除菌ができるのは『消毒用エタノール』

エタノールにはカビのたんぱく質を分解し、消毒・除菌する働きがあります。薬局でよく見かけるのは『無水エタノール』と『消毒用エタノール』の2種類。そして、カビに対して効果を発揮するのは『消毒用エタノール』です。インターネットでも購入することができます。

無水エタノールと消毒用エタノールのちがい

無水エタノールと消毒用エタノールのちがい、それは濃度です。無水エタノールはほぼ水分を含まない高濃度のエタノール。(濃度はほぼ100%)それに対し、消毒用エタノールは無水エタノールを70~80%に薄めたもの。

無水エタノールの方が濃度が高いぶん効果も強そうですが、実はその逆。無水エタノールには瞬時に蒸発するという性質があり、カビにダメージを与える前に乾いてしまうため、消毒・除菌の効果はありません。

消毒用エタノールは無水エタノールに比べて濃度が低い分、その場に長くとどまってカビの除菌をしてくれます。

もし家に無水エタノールがある場合は、エタノール:水を8:2の割合になるように薄めれば、消毒用エタノールとして使うことができます。

『逆性石鹸(オスバンSなど)』ってなあに?カビへの効果は?

逆性石鹸にもエタノール同様、カビを消毒・除菌する効果があります。ベンザルコニウム塩化物(塩化ベンザルコニウム)という成分でできています。逆性石鹸の代表的な商品は「オスバンS」。定価800円(600ml)で薬局やインターネットで購入できます。(インターネットではもう少しお安く購入できます。)

逆性石鹸のメリットはコスパがいいこと。原液を水で100倍に薄めて使用するので500mlの除菌液をつくる場合に必要な量はわずか5mlです。広範囲のカビを除菌する場合には、たっぷり使えてうれしいですね。

エタノールとちがい、においもほとんどありません。

逆性石鹸を使ってカビの除菌をする場合は、エタノールと同じように住宅用洗剤との併用がおすすめです。カビ掃除のほかに、手指・傷口・食器・畳や床、家具などの消毒に使うことができます。

『お酢』を使って掃除するとカビのエサになる!?

『酢は酸性で殺菌作用がある』というイメージがありますが、食酢にカビの殺菌効果はほとんどありません。むしろ原料である穀物がカビのエサになり、かえってカビの繁殖を助長させることになってしまいます。

そのほかにエコ洗剤として重曹やクエン酸を使った方法もありますが、効き目がゆるやかなのでしっかり対策したい場合は、やはりエタノール・逆性石鹸・カビ取り洗剤によるカビの駆除をおすすめします。

『国立医薬品食品衛生研究所』という専門機関も、エタノールや逆性石鹸を使用したカビの駆除方法を紹介しています。食酢の使用については控えるようにとの記載もありました。

参考:室内のカビ駆除方法|国立医薬品食品衛生研究所

塩素系漂白剤を使う場合、ジェルタイプがおすすめ。

『住宅用中性洗剤+エタノール(逆性石鹸)』を使っても、汚れが十分に取れていない場合は塩素系漂白剤を使いましょう。(特にカビでできてしまったシミ(色素)はなかなか取れません。)

市販のカビ取り洗剤(「カビキラー」や「カビハイター」など)がカビの漂白に効果があります。が、壁のカビ掃除に使う場合、水で洗い流すことができないので、薬剤の人体への影響を考えると不安要素が残ります。

しかし、健康被害をもたらすカビをしっかりと除去することも重要ですので、何を優先させるのか判断が別れるところです。薬剤が残ってしまうことが心配な場合は、次にご紹介するカビ取り洗剤がおすすめです。

もし、市販の塩素系漂白剤を使用される場合は『ゴムパッキン用カビキラー』などのジェルタイプの塩素系漂白剤を選びましょう。冷蔵庫のパッキンなど水洗いができない場所のカビ掃除にも使えて、最後は水拭きでOKです。



水をはじく&吸収する壁、どちらもOKのカビ掃除

ここまで水をはじく壁の掃除方法についてお伝えしてきましたが、困ってしまうのが水を吸収するタイプの壁です。洗剤ももれなく吸収してしまいますし、クロスの壁紙の場合はこすると毛羽立ってしまいます。そこで、こすらなくてもスプレーでカビ掃除ができる、安全な成分でできたカビ取り洗剤をご紹介します。

水をはじく壁にももちろん使えます。

 

作業時間5分で完了!『カビホワイト カビ強力除去スプレー』

『カビホワイト カビ強力除去スプレー』は高濃度の業務用カビ取り剤(市販品の約6倍の濃度)でありながら、乾燥するとからだに害のない成分に変わるという優れもの。赤ちゃんがいるご家庭でも安心して使えます。(洗剤が乾燥するまでは、赤ちゃんに別室で過ごしてもらいましょう。)

「カビにスプレー→15分放置→水拭き」という手順なので、とても簡単。待ち時間は15分ありますが、実際の作業に必要な時間は5分ほどです。

口コミには「壁紙に浸透していた頑固なカビもきれいになった」「通常のカビ取り剤でとれなかったカビにも効いた」「スプレーだけでみるみる壁が白くなった」などの感想がよせられています。(アマゾン評価で☆4.4ですが、中には低い評価もあるので感想には個人差があるものと思われます。)

スプレーした場所には防カビ効果が数ヶ月続き、カビが生えにくくなるのもうれしいポイント!定価で2000円弱するので、市販のカビ取り剤と比べてお値段が高いのがデメリットです。

 

※この商品は乾燥すると無害になることが特徴ですが、ぬれた状態では市販のカビ取り剤と同じくらいの塩素臭・危険度がありますよく換気をした状態でスプレーし、乾燥するまでは他の部屋で過ごしましょう。

※土壁、珪藻土、砂壁など水を吸収する壁のカビ掃除にも使用することができます。畳、木材、布団(色柄物は不可)には効き目が強すぎるので希釈して、パッチテストをした上で使用しましょう。詳しくは商品説明をご確認ください。

木材の壁の場合はカビホワイトの木材・畳・布団用を使いましょう。

畳のカビの掃除方法はこちら→畳のカビを掃除!除菌方法から干し方、表替えまで徹底解説!

まとめ

カビが発生していると嫌な臭いがしたり、見た目が不快なだけではありません。アトピー性皮膚炎や鼻炎などのアレルギー症状、気管支喘息や肺炎の原因にもなり、重大な健康被害をもたらします。

しっかりと除去して、安心してお家で過ごせるようにしましょう。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。