ヒルナンデス10/30!ミートローフレシピ&キッチン収納

【2018年10月30日放送ヒルナンデス「プロのキッチン収納 覗くんデス!」】をまとめました。
整理・掃除術の達人、カリスマ主婦の東いずみさんのキッチン収納や節約レシピについて紹介されていました。

今回は、冷凍食材で手軽にできる『ミートローフ&タンドリーチキンのレシピ』や、『冷蔵庫やキッチンの収納方法&アイテム』をまとめました。

ヒルナンデス・本格ミートローフのレシピ

材料
合いびき肉500、にんじんみじんぎり1/2本、あめ色たまねぎ2玉、塩もみした千切りキャベツ1/4

 

①材料をすべてボールに入れ、塩コショウ適量加えて混ぜる。
(しっかりこねると弾力が出ます。)

②オーブンの天板にクッキングシートを敷き、その上に①を小判型に成型してのせる。

③軽く叩いて空気を抜く。

④180℃のオーブンで60分焼く。

完成!!

ちなみにキャベツ以外は、あらかじめ冷凍保存してあったもの。
にんじんはみじんぎりに、たまねぎはみじんぎりにしてあめ色にいためて保存しておくと、すぐに調理に取りかかれます。

ひき肉が安いときにまとめ買いして作れば節約になりますね。

 

ハンバーグだと一つずつ成型しないといけませんが、ミートローフは大きくひとまとめにして焼くので手間いらず。

 

簡単なのに、見た目にも豪華なミートローフ!
誕生日やクリスマスパーティー、おもてなしにもおすすめです。

 

 

ヒルナンデス・タンドリーチキンのレシピ

ポリ袋に鶏肉、ヨーグルト、ケチャップ、カレー粉、おろしにんにくを投入してよくもみこむ。
番組では、このまま冷凍→食べたいときに180℃のオーブンで30分焼く。と紹介されていました。

冷凍しない場合も、半日くらい冷蔵で保存しておくとしっかり中まで味がなじむと思われます。

バーベキューするときにもおすすめのメニュー♪なのだそうです。



 

5人家族で食費3万円!?食品ロスをなくすキッチン収納

次に、キッチン収納についてです。

東さんのお宅は、ご主人と小学生のお子さん3人の5人家族!
ですが、食費がなんと!月3万円なのだそうです。

5人家族の食費の平均は86,000円なので、3万円だと半分以下。
すごい節約術ですね。

 

節約のポイントは食品ロスをなくすこと!なのだそうです。

 

 

ポイント1.食材は全て下ごしらえをして保存

食材は1週間分まとめ買いして、5日~1週間で使い切るというスタイルだという東さん。
さらに、まとめ買いした食材は下ごしらえしてから保存しているのだそうです。

 

冷蔵庫の中をチェックすると・・・。
大・中・小の保存容器がきれいに整頓されていました。
中には下ごしらえした食材や、常備菜が入っています。

 

大サイズの保存容器の活用方法

大サイズの保存容器には、下ごしらえした野菜などが入っています。

トマトはヘタをとって水洗い。
そして、ザルつきの保存容器に入れます。

ザルがついているので、洗ってそのまま保存できます。
とっても便利なこの容器!セリアで購入できます。

ナカヤ科学産業株式会社 しっかりパックT 108円

 

もやしは水につけてタッパーで保存しておくと、長持ち!
3日くらいはしゃきしゃきで食べられます。

キャベツは千切りにして保存。
食べたいときにさっと出せて便利!

 

ちなみに、カリスマ主婦でも何でもないですが、私のおすすめはこちら。
これに入れて保存しておくと、鮮度長持ち!青ねぎの小口切りも1週間くらいきれいなままです。

 

 

中サイズの保存容器の活用方法

中サイズの保存容器には、きんぴらごぼう、サーモンマリネ、きゅうりの酢の物、マカロニサラダなどの常備菜が入っています。

 

 

小サイズの保存容器の活用方法

小サイズの保存容器には、薬味や調味料が入っています。
味噌、にんにく、ねぎ、しょうがなど。

にんにくは1つずつにわけて、ねぎはみじん切りに、しょうがは千切りにして保存容器に入れておきます。

しょうがの千切りは、お酢を加えると1ヶ月ほど日持ちするそうです!


 

 

ポイント2.冷凍庫の収納術

冷凍庫には、ジッパーつきの袋がぎっしり!
ブックエンドで仕切り、タテ収納されていました。

冷凍庫の中身がひとめでわかるように、きれいに整頓しておくことも食品ロスをなくす秘訣ですね。

 

ジッパーつきの袋の中には、
刻んだねぎ、きのこ、根菜など水分が少なく、冷凍しても味が落ちにくい食材が保存されていました。

にんじんは、丸ごと一本千切りにして冷凍。
必要なときに少量ずつ使えるので、おすすめです。

油揚げは、買ってきたら袋の上から包丁で短冊状に切って保存しておくと◎。

 

 

 

ポイント3.米びつを使ったキッチン収納

キッチンの引き出し収納には米びつが大活躍!
ふたが3分の2だけ上側に折ってあけられるタイプの米びつを使用していました。

{02C26059-0B4A-4AB6-9E03-4161D4470D61}

(出典:https://ameblo.jp/moppy-simple/entry-12285070037.html)

 

なるほど、これだったら引き出しの奥の出し入れしにくい場所も上手に活用できますよね。

中には、のりやお茶のパック、シリアル、おやつが保存されていました。

ちなみにおやつは、この中にストックできるぶんしか買わない!というルールにしているそうです。

 

まとめ

いかがでしたか?
食品のロスがあると食費があがるのはもちろんですが、何よりもったいない!!ですよね。

まずはきれいに整理整頓。
食材のストックをしっかり把握することが大切ですね!