日出郎とピエール瀧の関係は?30年来の友人逮捕にコメント、生意気キャラ

ピエール瀧さんの30年来のご友人である日出郎さんが、今回の逮捕について朝の情報番組に登場されたと話題になっています。
ただし、音声が変えられており、お名前も伏せられていたため、本当に日出郎さんかどうかは定かではありません。

その独特のオネエ口調から、「日出郎さんではないか!?」という憶測をよんでいます。

関連記事:ピエール瀧の実家は畳屋!母は看護師で祖父は画家

日出郎がピエール瀧の逮捕にコメント

日出郎
(画像引用:https://spice.eplus.jp/articles/175523)

朝の情報番組『グッド!モーニング(テレビ朝日)』で”ピエール瀧さんと長年の親交のある友人”としてコメントされた人物が、日出郎さんではないか、と話題になっています。
日出郎さんは、ピエール瀧さんの長年のご友人で、オネエタレントの先駆け。兄貴分?ならぬ姉貴分的存在です。

日出郎さんは、ピエール瀧さんの逮捕を知り、ピエール瀧さんの相方である「電気クルーヴ」の石野卓球さんにメールしたそうです。

日出郎さんが卓球さんに「卓球、大丈夫?」とメールをしたところ、石野卓球さんからは「何が?」という返事が返ってきました。
日出郎さんは、卓球さんの返信をみて「ピエール瀧さんの逮捕のことを、まだ知らないのでは?」と思ったそうです。
その返事以降、まだ連絡はとれていないそうです。

日出郎さんは、卓球さんについて「ショックを受けているはず・・・」と心配されていました。

日出郎とピエール瀧の関係は?

日出郎とピエール瀧さんは30年来の友人です。
日出郎さんは、ピエール瀧さんがメインパーソナリティーをつとめるTBSラジオ『たまむすび』にゲスト出演したことがあります。

日出郎さんはピエール瀧さんに対して
「うちら、夜中しか会ってないからね。」「もうちょっと!なんでモノマネするんですか?」「卓球も瀧ももともとこういう子(生意気なタイプ)だったの。」など、おねえ口調でお話されているのが印象的ですね。


中央が日出郎さん、
右側がピエール瀧さんですかね?

 

日出郎のプロフィール


日出郎さんの出身地は、京都府舞鶴市です。
1982年にショーパブ『ギャルソンパブ』でダンサーとしてデビュー。

その後の活躍はめざましく、1985年に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』でオネエタレントとしてテレビに初登場します。

強烈な外見とキャラクターで話題をよび、オネエタレントの先駆け的存在です。

ツイッターのコメントでも、「久しぶりに日出郎さんの声を聞いて元気がでた!」というものが多かったです。

日出郎デビュー曲『燃えろ!バルセロナ』、ピエール瀧もボイスで参加

日出郎さんのデビュー曲は『燃えろバルセロナ』。
タイトル・・・笑
この曲は1992年にスペイン人DJ.Chimo Bayoのカバーを日出郎さんがしたものです。

今ではあまりテレビでお見かけしなくなった日出郎さんの懐かしい名曲ということで、2018年2月28日にリメイクされたものが配信リリースされました。

電気クルーヴの石野卓球さんがリメイク、ピエール瀧さんがボイスで参加したことでも話題になっています。

関連記事:ピエール瀧の実家は畳屋!母は看護師で祖父は画家