エアコンの除湿と冷房!同じ温度ならどっちが安い?徹底解説

夏場は毎日のように使うエアコン。

エアコンを使うと涼しく快適に過ごせますが、電気代がどーーーーんとUP!
ちょっとでも節電につながる使い方をしたいですよね。

そこで、おさえておきたいのが「エアコンの除湿機能」の上手な使い方。
あなたは冷房と同じ設定温度で使用した場合、どちらがお得になるのか知っていますか?

効き目がマイルドな除湿の方が安そうなイメージだけど・・・?必ずしもそうではありません。
なんとなーく除湿機能を使っていると、電気代が20%増しになってしまうことにも!!

除湿の電気代のカギになるのは除湿方式。「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2つの方式があるので、まずはお家のエアコンがどちらかチェックしてみましょう。

今回は「同じ温度設定なら、冷房と除湿どちらがお得?」 「除湿方式の種類と電気代の差」 「効果的な除湿機能の使い方」についてお伝えしていきます。

エアコンの除湿VS冷房、同じ温度なら電気代はどちらがお得?

一般的に同じ設定温度にした場合、電気代がかかるのは

弱冷房除湿≦冷房<再熱除湿

という順番になります。

まず、弱冷房除湿と冷房の電気代の差についてですが、メーカーによって説明が異なります。
総合するとほぼ同じか、若干、弱冷房除湿の方が安いということになります。

・弱冷房除湿と冷房の電気代の差は、ほぼ同じ。(パナソニック

 

・使用環境などによって異なるのでどちらが安くなるかは一概に言えない。(ダイキン三菱

 

・弱冷房除湿<冷房<再熱除湿。(富士通ゼネラル日立

それよりも、電気代に明確な差があるのは「再熱除湿」です。
これは、弱冷房除湿や冷房よりも電気代がかかります!!

なんとなーく使ってしまっている場合は要注意です。

 

エアコンの冷房と除湿(弱冷房除湿・再熱除湿)のちがい

冷房

温度を下げることを優先した機能。設定温度で電気代が大きく異なる。(冷房使用時は1℃下げると電気代が10%上がるとも言われている。)

弱冷房除湿

湿度を下げることを優先した機能。湿度を下げるためには、空気を冷やす必要があるため、結果的に温度も下がる。

温度を下げずに湿度だけ下げることは難しい。

再熱除湿

温度を下げずに湿度を下げる機能。弱冷房除湿の場合、湿度といっしょに温度も下がってしまいましたが、こちらの機能では温度をキープします。

電気代が冷房・弱冷房除湿と比べて高く、2割り増し!?という話も・・・。
日立とパナソニックの公式サイトで、冷房と除湿の電気代について次のように記載されていました。

日立:再熱除湿の方が、冷房や弱冷房除湿よりも電気代が若干かかる

湿度が下がると体感温度も下がるため、高めの設定温度にすることで、結果的に冷房との電気代の差は小さくなる。

 

パナソニック:再熱除湿の方が、冷房や弱冷房除湿よりも電気代が約1.2倍になる

【参考】
日立「冷房と除湿では電気代が安いのはどちらですか?」

パナソニック「冷房と除湿ではどちらが節電になりますか?」

 

除湿するのに温度を下げない再熱除湿って、一体どのような仕組みなのでしょうか?

MEMO
再熱除湿ってどんな仕組み??

途中までは弱冷房除湿と同じで、空気を冷やすことで湿度を下げます。その後、冷えた空気を暖め直してから室内に送り出します。
そして、空気を暖め直すぶん、電気代がかかります。

 

うちのエアコンはどっち?弱冷房除湿と再熱除湿

弱冷房除湿か再熱除湿かで、電気代に大きな差がある。となると気になるのが「うちのエアコンはどっちのタイプなの?」ということですよね。

色々調べてみたのですが、エアコンの機種によってほんとーに様々でした。弱冷房除湿か再熱除湿かを正確に見極めるためには、エアコンの型番を確認した上で、各メーカーに直接問い合わせることをおすすめします。

以下に除湿方式の見極め方について、わかっている範囲でまとめましたので参考程度にお読みください。

※青字の【問い合わせ】をクリックすると、各メーカーのお問い合わせページにとびます。

 

日立

「除湿」機能のみの場合→弱冷房除湿
「カラッと除湿」機能がついている場合→再熱除湿

【日立・お問い合わせ】

 

■ダイキン

『ドライ』→弱冷房除湿
『除湿』という言葉が入っている場合(さらら除湿など)→再熱除湿

【ダイキン・お問い合わせ】24時間対応です!親切ですね~。

 

■富士通ゼネラル

機種によって様々で分類が難しい。
再熱除湿は、多機能ハイグレードなエアコンに搭載されていることが多い。

【富士通ゼネラル・お問い合わせ】

 

■パナソニック

「冷房除湿」→弱冷房除湿
「除湿」「衣類乾燥」→再熱除湿(再熱除湿が搭載されている機種に限る)

【パナソニック・お問い合わせ】

 

■三菱

湿度設定ができない(除湿の強さは調整できる)→弱冷房除湿
湿度設定ができる→再熱除湿

※「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の両方の除湿機能が搭載されているエアコンもあります。

【三菱・お問い合わせ】



 

エアコンの除湿 Q&A

 

エアコンの除湿機能に温度設定があるのはなぜ?

温度設定がないと冷え過ぎてしまうから。

湿度と温度と両方の設定ができるエアコン。除湿するのに、温度設定があるって不思議ですよね。
なかには「除湿なのに温度設定しかない」というエアコンも。

「え?え?どういうこと?」
「設定するのは湿度だけでいいんだけど・・・。」

その理由は、先ほどの湿度を下げる仕組みと関係しています。湿度を下げるためには温度も下げる必要があるため、湿度と温度は連動しています。

もし湿度のみの設定が可能で、それが最優先された場合、エアコンは常にフル稼働&とっても寒い・・・という結末になりかねません。

そんなことは誰も望んでいませんよね。涼しくカラッと快適に過ごしたくてエアコンを使っているわけです。

ということで、適温適湿を保つために除湿機能にも温度設定がついています
温度設定ができないタイプのエアコンは、あらかじめ自動設定がされています。

 

 

弱冷房除湿はどんなときに使うの?

ジメジメを解消したいとき。

「弱冷房除湿でも温度が下がるなら、冷房も除湿も同じじゃないの?」と思いますが、そうではありません。

冷房と除湿の一番の違いは「どちらを優先するのか?」ということ。
冷房は温度を下げることを優先した機能で、除湿は湿度を下げることを優先した機能

ジメジメを解消したい!という目的なのであれば、除湿機能を使う方が効率的です。

MEMO

中には例外もあります。例えば、富士通ゼネラルのエアコン。

公式ページで確認したところ、同じ設定温度で比較した場合、除湿量は再熱除湿や弱冷房除湿よりも、冷房の方が高くなっています。

 

富士通ゼネラル・よくあるご質問「再熱除湿とはどのような除湿方法ですか?」

こうなってくると、除湿というカテゴリがよくわからなくなってきますね・・・。

 

 

再熱除湿はどんなときに使うの?

ジメジメを解消したいけど、冷えすぎが気になるとき。

温度を保ちながら、除湿する再熱除湿。

ジメジメは解消したいけど、からだの冷えが気になる!という場合には便利ですよね。
冷えは万病の元とも言いますし、健康のために気をつけたいところです。

そのほか、夏以外の季節で除湿したい場合室内で洗濯物を乾かす目的で使いたい場合にもおすすめ。

日立のルームエアコン、白くまくんXシリーズでは「カラット除湿」という再熱除湿があり、用途によっていくつかに分類されています。

 

■カラット除湿の機能(日立 白くまくんXシリーズ)

 

・5キロの洗濯物を2時間弱で乾燥させる「ランドリー除湿」

・カビが発生しやすい環境になることを察知して除湿運転を作動させる「カビ見張り除湿」

・冬場にありがたい、結露の発生を予防する「けつろ抑制除湿」

 

温度をキープしながら除湿するので、季節を問わずに使えるところがいいですよね~~。

うちは浴室乾燥機がないので、洗濯物が2時間もかからずに乾くなんていいなーと思ってみていました。
まあ、まだまだ今のエアコンが現役なので買えませんが・・・。

 

 

洗濯物の部屋干しにも使える?

YES!使えます。

先ほどは日立のエアコンの「ランドリー除湿」をご紹介しましたが、通常の除湿機能も部屋干し時に活用できます。

部屋干しってなかなか乾かなくて困る上に、臭いが気になりますよね。
臭いの原因は雑菌で、その雑菌は衣類が湿っている状態の時に繁殖するので、なるべく早く乾かす!ということが臭い対策のカギです。

※ただし、エアコンを除湿目的で使用する頻度が上がると、エアコン内部にカビが発生しやすくなります。使用後は送風モードで内部を乾燥させるなどの工夫をしましょう。

 

 

除湿しても効果がないのはどうして?

設定温度と室温の差が少ないから。(弱冷房除湿の場合)
風量が弱い設定だから。

湿度と温度は連動しているので、除湿で湿度だけを下げることには限界があります。
弱冷房除湿で除湿の効果を感じられない場合、設定温度と元々の室温との差が少ないのかもしれません。

また、除湿は弱めの風量しか出ない設定になっているという場合もあり、効果に物足りなさを感じることも。

温度設定ができる場合は温度を下げる、もしくは冷房に切り替える(冷房の方が除湿力が高いエアコンもあるため)などの方法をお試しください。
扇風機やサーキュレーターを併用すると室内の空気が効率よく循環し、効果的に除湿することができます。

まとめ

 

一口に除湿と言っても、弱冷房除湿なのか、再熱除湿なのかによって電気代が大きく変わります。
電気代は、弱冷房除湿≦冷房<再熱除湿 です!

ちなみに私の実家のエアコンは、再熱除湿方式だったことが発覚。

「暑さはそれほどでもないから除湿で我慢。」と言って除湿で過ごした日々は、なんだったのでしょうか・・・。

除湿や冷房、エアコンの持っている機能を上手に使い分けて、賢く快適に過ごしたいですね!

 

参考

日立・お客様サポート「よくあるご質問」、三菱電機「よくあるご質問FAQ」、ダイキン「よくあるご質問(FAQ)」、パナソニック「よくあるご質問」、富士通ゼネラル「よくあるご質問」

日立・日立の家電品 商品説明、パナソニック・個人向け商品 衣類乾燥除湿機

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。