エアコンのリモコンをなくした!紛失時の4つの即効解決法

エアコンのリモコンが見つからない!リモコンをなくしてしまった!

すぐにエアコンを使いたいのに使えない。そんな困った状況を解決する方法を4つご紹介します。

すぐに思い浮かぶ対処方法は、メーカー純正のリモコンを買い直すことですね。

でも、ちょっと待ってください。純正リモコンではなくても、次の方法を試してみると解決できる可能性がありますよ。

 

リモコンがないときの対処方法
  1. 本体の応急運転を使う
  2. スマホのアプリを使う
  3. 汎用リモコンを買う
  4. (最後に)純正リモコンを買う

それぞれ順番にご説明していきますね。

 

 

本体の応急運転を使う

実はリモコンがなくても、エアコン本体にあるボタンから直接動かすことができます。

メリット
  1. すぐにできる。
デメリット
  1. 応急運転用のボタンがないエアコンでは使えない。

エアコンのカバーを開けたところに「応急運転」などと書かれている部分があると思います。

 

我が家のエアコンの写真です(カバーを開けたところ)。「応急運転」はボタンを3秒間長押しと書かれています。

この機種では、応急運転は「自動運転モード」(いわゆるオート)と同じになりました。そのときの部屋の温度から、冷房/暖房を自動で判断するモードです。設定温度や風量も適切にコントロールしてくれるようでした。

 

参考までにこの機種での自動運転は次のような仕組みになっているようです。

自動運転の仕組み
  1. 部屋の温度が27度以上 → 冷房運転(設定26~27度)
  2. 部屋の温度が24~27度 → 除湿運転(設定23度)
  3. 部屋の温度が22~24度 → 送風運転
  4. 部屋の温度が22度未満 → 暖房運転(設定23度)

細かな設定はできないものの、応急処置としては十分と言えますね。

機種によって違う可能性がありますので、詳しくはお使いのエアコンの取扱説明書をご覧ください。もしかしたら、前回の設定をそのまま使う機種もあるかもしれません。

MEMO
ちなみに「強制冷房」とは、エアコンの据え付け・移設時に専門業者が確認のために行うモードです。きちんと空気が冷却される = エアコン取り付け状態やガス漏れがない、という判断に使うようです。

スマホのアプリを使う

エアコンのメーカーからスマホ用のアプリが出ていることがあります。それをインストールすれば、スマホをリモコン代わりにできます。

メリット
  1. スマホにアプリをダウンロードすれば、その場で使える。
デメリット
  1. アプリがエアコンに対応していないことがある。
  2. エアコンメーカー製以外の無料アプリは種類が多すぎて選ぶのが大変。

エアコンメーカー製のアプリだと安心ですが、無線LANに対応しているエアコンであることが前提のアプリもあり、その場合は動かないことがあります。

メーカー以外の無料アプリも色々揃っているようですが、お持ちのエアコンに対応していないこともありますので、使えたらラッキーくらいの気持ちで試してみるといいのではないでしょうか。

GooglePlay「エアコン リモコン」(Android)

 

注意
「広告をクリックしたら中国語のサイトに飛ばされた」「(リモコンには必要ない)カメラや位置情報の権限要求をしてくる」というコメントもありますので、インストールには十分注意が必要です。

 

 

汎用リモコンを買う

メーカー純正のリモコン以外にも、幅広いメーカーの機種に対応した汎用(はんよう)リモコンがあります。ユニバーサルリモコンとも呼ばれます。

メリット
  1. 純正リモコンに比べて2,000円弱と安価。
    (メーカー・機種によるが、純正は3,000~10,000円する)
デメリット
  1. 独自機能を調整するボタンがない。
  2. エアコンのすべての機能が使えるわけではない。

Amazonや楽天などのインターネット通販で買うことができます。参考までにAmazonに出ているユニバーサルリモコンをご紹介します。
購入される際は、口コミ等をよくご覧になってくださいね。もしかしたら、同じ型式を持っている人の口コミがあるかもしれません。

各社共通1000種対応-ユニバーサルマルチリモコン – Amazon

 

注意
幅広いメーカーの機種に対応とあっても、絶対ではなく、動作しないことも考えられます。

 

 



純正リモコンを買う

信頼性を考えてやっぱり純正リモコンが欲しい!という方は、電気屋さんへ問い合わせる以外に、インターネット通販で買うこともできます。

メリット
  1. なんと言っても純正の安心感!
  2. これまで通りすべての機能が使える。
デメリット
  1. 汎用リモコンに比べると少し割高。

純正リモコンを買うときにはエアコンの型式情報が必要です。エアコン本体の下部ラベルに型式が書いてありますので、まずはその型式を控えましょう。

Amazonや楽天などで、「エアコン リモコン AS-W28D」という風に型式を入れて検索すると出てくると思います。メルカリなどのフリマアプリで調べてみるのもいいですね。

純正・新品リモコンの専門ネットショップ

各メーカーのリモコン(純正・新品)を取り寄せ販売しているネットショップを見つけたのでご紹介します。豊富に取り扱っているようですので探してみるといいでしょう。

イマデン Web店(今本電機)

旧年式モデル等でリモコンが見つからない場合は、類似モデルや後継モデルのリモコンで動く場合もあるとの情報がありますので、Googleで同じように型式を検索してみることをおすすめします。

まとめ

リモコンが見つからないときは、慌てずに次の方法をまず試してみて下さいね。

リモコンがないときの対処方法
  1. 本体の応急運転を使う
  2. スマホのアプリを使う
  3. 汎用リモコンを買う
  4. (最後に)純正リモコンを買う

確実性の高い方法として、本体の応急運転を使ってその場をしのぎ、専門ネットショップで純正リモコンを買うのがおすすめです。

純正リモコンがあまりに高い場合は、汎用リモコンを検討してみてもいいかもしれません。