エアコンのリモコンが故障!?3ステップでわかる原因と対策

ある日突然、エアコンのリモコンがきかなくなった!シーズンに入ると連日活躍するエアコンなのに、急にリモコンが使えなくなると不便ですよね。使えなくなってはじめて、リモコンのありがたさを痛感する人も多いのではないでしょうか?

リモコンのボタンを押しても反応しないとき、「リモコンが故障した!」と早合点しがちですが、可能性はほかにもあります。その原因は①不適切な使用環境 ②エアコン本体の不具合 ③リモコンの不具合 の3つに分類されます。

「どの部分が原因か?」によって対処方法が異なりますので、まずは原因を確かめるようにしましょう。

リモコンの故障じゃなかった!?まずは「電池」の確認を

リモコンの故障が疑われる場合、まず確認したいのは「電池」。リモコンがきかないのは、単純に電池が切れているからかもしれません。今一度、電池の確認をしましょう。

特に次のような場合は、電池が原因である可能性が高いです。

・温度などが表示される液晶画面の文字が薄くなっていたり、つかない。
・エアコン本体に近づかないと反応しない。
・ボタンを押したときの「ピッ」という音が小さくなった。

リモコンの電池交換のポイント

・電池は1年間を目安に交換しましょう。使用状況によっては交換時期が早まることもあります。切れている電池だけではなく、すべての電池を同時に新品のアルカリ電池交換にしましょう。

 

・電池のプラスとマイナスの向きがあっているか、しっかりはセットされているかも確認します。

 

・電池ボックス内に、液漏れやサビがないかチェックしましょう。ある場合は、綿棒や乾いた布で取り除きます。(液漏れやサビに直接手で触れないようにしましょう。)

注意

※マンガン電池は使用期間が短く、充電式電池は故障の原因になります。アルカリ電池を使用しましょう。

※長時間電池を入れたままにしておくと、液漏れやサビの原因になります。シーズンオフには電池を外しておくようにしましょう。

リモコンをリセットする方法

電池を入れ替えても改善しない場合は、リモコンのリセットを行います。リセット方法は機種によって異なりますが、リモコンの端の方や蓋の内側に「リセットボタン」があります。(ボタンというよりも、小さいくぼみのようになっていることが多いです。つまようじなど、先端のとがったもので押します。)

もしくは「リモコンボタンのいずれかを長押しする」「電池を抜いた状態で1分間放置する」などの方法でリセットするタイプもあります。
詳しいリセット方法は、取り扱い説明書を確認しましょう。

 

電池を交換しても改善しない!?

電池を交換しても改善しない場合、次の3つのステップにそって故障の原因を診断していきましょう。

Step1.エアコンの使用環境の確認

・リモコンとエアコンとの間に障害物はありませんか?
リモコンとエアコン本体のリモコン受信部との間に、カーテンやふすまなどの障害物があると信号が届きません。

・エアコンとリモコンの距離が離れすぎていませんか?
リモコン操作は、正面から7メートル以内の距離で行いましょう。斜めから使っていませんか?

・カーテンをひき、照明器具やテレビを消した状態でリモコン操作ができますか?
エアコン本体のリモコン受信部に強い光が当たっていると、正しく反応しない場合があります。カーテンで日光をさえぎり、照明器具やテレビを消した状態でリモコン操作ができるか確認しましょう。また、電子式瞬時点灯方式(インバーター方式など)の蛍光灯があると信号を受け付けない場合があります。
最近新しくした照明はありませんか?

Step2.エアコン本体の故障を診断

①エアコン本体の動作確認

エアコン本体の【運転/停止】ボタン、もしくは【応急運転】ボタンを押してみましょう。
ボタンが前面パネルの内側にある場合もあるので、パネルを開いてさがしましょう。

〔動作が開始する場合〕リモコンまたは、本体のリモコン受信部の故障が考えられます。
〔動作が開始しない場合〕エアコンの電源の不具合が考えられます。エアコン主電源を確認し、リセットを行いましょう。

②エアコン主電源の不具合の確認

1.エアコンのコンセントプラグが抜けていないか。
2.エアコン専用のブレーカーが落ちていないか。
※ブレーカーが落ちている原因に心当たりがない場合は、そのままの状態で点検を依頼しましょう。原因がわからないままブレーカーをオンにすると、発火・発煙の可能性があり危険です。

この2点に問題がない場合は、エアコン本体のリセットを行います。

エアコン本体をリセットする方法

①エアコンを停止させ、電源プラグを抜く。
②エアコン専用のブレーカーをオフにする。
③その状態で1分間放置。
④エアコンの電源を入れ、再度動作確認を行う。

Step3リモコン信号(赤外線)の故障を診断

使用環境とエアコン本体に問題がない場合、リモコン信号(赤外線)が故障している可能性があります。

リモコン信号(赤外線)が通常に出ているかは、デジタルカメラ(携帯電話、スマートフォン、デジタルカメラ、ビデオカメラなど)を使って確認することができます。


用意するもの
・エアコンのリモコン
・デジタルカメラ(携帯電話、スマートフォン、デジタルカメラ、ビデオカメラなど)
(・正常に使用できているテレビなどのリモコン)
確認の手順
①デジタルカメラを撮影モードにする。
②カメラを通して、リモコン送信部(リモコンの上側面にあります)をのぞく。
③リモコンのボタンのどれかを押し、送信部が点灯するかを確認。
押すたびに光がつくようであれば、リモコン信号は正常です。
※スマートフォンやデジタルカメラによっては、赤外線が写らない機種もあります。
点灯が確認できなかった場合は、正常に使用できているテレビなどのリモコンで試してみましょう。
テレビのリモコンでは点灯するのに、エアコンのリモコンでは点灯しない場合、リモコン信号の故障が考えられます。

※iPhoneの場合、自撮りモードで点灯確認ができます。

※シャッターを切る必要はありません。

エアコンのリモコンの修理はできるの?

他のリモコンでは点灯が確認できるのに、エアコンのリモコンだけできない場合、リモコン信号が故障している可能性があります。

「リモコンを修理に出しましょう」と言いたいところですが、リモコンの修理は行っていないメーカーが多いようです。(保証期間内の場合は、必ずメーカーに問い合わせをしましょう。保証規定に沿って、リモコンの交換などの対応をしてもらえます。)

 

リモコンはインターネットから購入できるものもあります。古いタイプのエアコンだと廃盤になっているかもしれませんが、同じメーカーのものであれば使用できることもありますので、エアコンの型番を控え(あるいは取扱説明書を持参し)、どのリモコンなら使用可能か家電量販店などでたずねてみましょう。

メーカー純正のリモコンにこだわりがない場合は、汎用リモコンもおすすめです。メーカーのリモコンが3000円~10000円(メーカーによって値段に差があります)に対して、汎用リモコンは2000円弱なので、リーズナブルですね。

ただし、湿度を調節するボタンがないなど、すべての機能を使えるわけではないので、その点については妥協しなければいけません。

また、最近ではエアコンのリモコンのアプリもありますので、対応しているものがあるか確認してみましょう。

↓こちらでアプリをチェック

GooglePlay(Android)

まとめ

Step1~Step3を確認しても改善しない場合、エアコン本体のリモコン受光部などの故障が考えられます。購入店舗やメーカーに問い合わせ、エアコンの点検をしましょう。