エアコンのカビ掃除を徹底解説!スプレー、カビキラーは厳禁

なんとなくエアコンの臭いが気になる。
夏場に鼻水や咳が続く。
ライトで内部を照らしてみると・・・黒い点々が!!

いずれか1つでもあてはまる場合、エアコン内部にカビが繁殖している可能性があります。
「気にしない」とそのまま放置しておくと、健康に害をもたらすことにもなるので要注意。
シーズン中は閉め切った空間で毎日使うエアコン。きれいにカビ掃除しておきましょう。

エアコン内部のカビは自分で掃除する方法もありますが、故障や水漏れ、さらなるカビ増殖の原因になるのをご存知でしたか?
エアコンは電化製品の中でも高価なもの。リスクについてきちんと理解した上で、自分でやるのか業者に依頼するのかを決断したいものです。

今回はエアコンのカビ掃除について『カビを放置するとどうなるのか』『自分で掃除することのメリット・デメリット』『自分でできる具体的な掃除方法』についてお伝えしていきます。

≪ショック!うちのエアコン、カビが生えてる!?≫

エアコンにカビが生える理由

「カビ」と聞くとぎょっとしますが、エアコンにカビが生えることは珍しいことではありません
ひと夏冷房を使用すれば、程度にこそ差はあれ、エアコン内部にカビは生えているものと考えましょう。

なぜかというと「エアコンはカビが生える構造になっているから」です。

エアコンは冷房使用時、このような動作をしています。
室内のあたたかい空気を吸い込む→エアコン内で空気を冷やす→冷やした空気を室内に送り出す

このとき温度差が発生し、エアコン内は結露します。そして・・・
空気といっしょにホコリやチリを吸い寄せる→エアコン内の水分(結露)にほこりが付着→時間の経過とともにカビが発生する

ですから、カビの発生は冷房を使用する上で避けてとおることができないのです。

エアコンのカビを放置していると肺炎などの原因に!

エアコンのカビをそのままにしておくとどうなるのでしょうか?

カビ掃除をせずにエアコンの使用を続けると『肺炎』『アレルギー症状の悪化』をまねくおそれがあります。
最近では、夏になるとテレビ番組でもよく取り上げられているのを見かけますね。

その原因は、冷えた空気といっしょに部屋に送り出されるカビの胞子です。
咳が続くなど夏風邪の症状がなかなかよくならない、アトピーが悪化したなど、夏場に具合が悪くなる場合は「エアコンのカビが原因ではないか?」とを疑ってみましょう。

大人よりも免疫力の低い、赤ちゃんや小さな子どもがいるご家庭では特に注意が必要です。

エアコンの内部にカビが生えてる?簡単チェック方法

エアコン内部のカビは外から見ても生えているかどうかわからないため、なかなか気がつきません。セルフチェックをしてみましょう。

内部をのぞいてチェック

吹き出し口のルーバー(風向きを調整する羽)をそっと動かし、開いてみましょう。
(※手動で開かないタイプもあります。無理に力を加えないでください。)

携帯電話のライトや懐中電灯で中を照らしてみます。
ファンや吹き出し口、ルーバーに黒ずんでいる、黒い斑点がある、ほこりがかたまっている箇所はありませんか?
これらはカビです。ほこりのように見えるところは、ほこりとカビが混在しているのです。

このように見える範囲にカビが確認できる場合は、奥の方の見えない箇所ではもっと繁殖しているものと考えられます。

嫌なにおい、アレルギー症状をチェック

・エアコンから嫌なにおいがする

エアコンの風から嫌な臭いがする場合、その原因の大半は内部のカビです。(強烈な臭いがする食べ物や汗のにおいなどを吸着して臭うこともあります。)
すっぱい臭い、生臭い匂い、汗の臭い、かびっぽい臭い、ほこりっぽい臭いが感じられる場合は、カビが繁殖している可能性が高いです。

・アレルギー症状が出る

咳や鼻水、皮膚のかゆみなどアレルギー症状が出る場合は、エアコンに生えているカビの胞子が原因かもしれません。
そのままにしておくと、慢性的な肺炎や呼吸困難に陥ることもあります。からだのサインを見逃さず、悪化する前に早急に対応しましょう。

 

≪エアコンのカビを掃除する!応急処置と根本的解決法≫

エアコンのカビを自分で掃除する場合、できるのは「応急処置」です。
スプレーなどを使って内部の掃除をする方法がネット上で紹介されていますが、手が届く範囲に限界があり、ホースの詰まりや故障の原因になるなどリスクが大きいです。
また、分解しないと手が届かない、見えない箇所ほどカビが繁殖していて掃除が必要です。

エアコンのカビの徹底除去を目指すためには、エアコンクリーニング専門の業者に依頼することをおすすめします

以下に内部掃除をすすめない理由と、自分でできるカビ掃除について、詳しく説明していきます。

スプレー、カビキラーの使用は厳禁

スプレーを使用したエアコン掃除のデメリット

自分でエアコンの内部掃除をすると、手間と時間はかかりますが、クリーニング業者に依頼する費用が節約できることが最大のメリットですね。

ですが、本当にメリットと言えるのでしょうか?デメリットについても考えてみると、どうもそうとは言い切れないようです。

スプレーを使用したエアコン掃除のデメリット

・電装部分にスプレーや水がかかり、故障の原因になる。
(すぐに異変が起こらなくても、半年以上経ってから故障。電装の腐食が原因だったということが多い。)

・汚れがホースに詰まり、水漏れの原因になる。
(業者は高圧洗浄で流します。手動霧吹きやペットボトルで流す水圧では不十分な場合も。)

・すすぎが不十分で、スプレーの成分がエアコン内部に残り、カビの増殖につながる。

・分解せずに掃除できる範囲は限られ、カビの繁殖が最も激しいところは掃除できない

・素人が分解しようとすると元に戻せなくなることも。(業者に問い合わせがよくあるそう。)

・壁や家具、電装部分に水がかからないように養生する作業、エアコンから出てくる水をバケツに受け止める仕組みをつくる作業に手間がかかる
(実際にされた方の感想では、「養生が大変だった」という意見が多い。)



どうでしょうか。手間暇かけて自分で掃除した結果、故障の原因になったり、さらなるカビの増殖につながることになったりするのは悲しい結果ですね。
自分で掃除する最大のメリットである、費用の節約についても、買い替えや最終的に業者のお世話になる可能性を考えると『????』。本当に節約になるかわかりません。

「エアコン掃除をカビキラーで」はもってのほか!!

「カビが生えているなら、カビキラーで掃除しよう!」という安易な発想は大変危険です。
カビキラーはエアコン掃除に使用できません。

人体に影響のある塩素系の成分が含まれているため、通常の使用時にさえ換気をするように注意書きがされています
また、強力な成分がエアコンのパーツを傷めることにもなります。

すすぎ不足が懸念されるエアコン掃除に、カビキラーは決して使わないでください。

自分でカビを掃除する方法をレクチャー!できるのは応急処置

では、自分でできるカビ掃除にはどんなものがあるのでしょうか?
無理をせず、掃除機で汚れを吸いとったり、水ぶきをする程度にとどめておくことがポイントです。

自分でカビの掃除ができるパーツはこれ

「フィルター」「フィン」「ファン」「吹き出し口」「ルーバー(風向を調節する羽)」

・フィルター

自分で取り外してお手入れできるパーツです。
空気といっしょに吸い込んだホコリやチリをキャッチし、内部の汚れを防ぎます。
フィンやファンに比べるとカビは生えにくいですが、手入れをせずに放置していると目詰まりをおこし、カビの温床になります。

業者に依頼する内部クリーニングの必要な頻度は、この『フィルターの掃除を定期的にしているかどうか』という点で大きく変わってきます。
またフィルターの掃除をしていないと、エアコンの動作効率が低下。電気代もかさみ、故障の原因にもなるので、2週間に1回は手入れするようにしましょう。

お手入れ方法はとっても簡単。フィルターを外して、掃除機で吸うだけです。
水や洗剤を使って洗うとさらにきれいになりますが、その作業で億劫になるくらいなら、『こまめに掃除機でほこりを吸う』ということを最優先させましょう。
外した方がきれいに取れますが、面倒であればつけたまま吸い取ることも可能です。

掃除機で吸う際は、専用のノズルを装着すると便利です。
なくしてしまった場合は、100円均一でも購入できるのでさがしてみましょう。
・フィン

フィンはフィルターの奥にあり、等間隔に板が並んでいるパーツです。
アルミでできているので、少しの力で簡単に曲がってしまいます。
変形するとエアコンの性能が落ちてしまうため、掃除の際、取扱いには十分な注意が必要です。

また、手で直接触れると怪我をすることもありますので、軍手を着用すると安心です。
フィンの掃除は掃除機に専用ノズルをつけ、さっとほこりを吸い取る程度にとどめておきましょう。

・ファン

ルーバーをそーっと開いて内部をのぞくとファンが見えます。
冷たい空気や暖かい空気を室内に送り出すパーツです。
温度差による結露が発生するため、カビの温床になります。

ファンのルーバーが前方にあるので思うように掃除できませんが、できる範囲で無理せず行いましょう。
布を水に浸し、硬く絞って指に巻きつけ、拭き掃除をしましょう。汚れがひどい場合は、中性洗剤を薄めたものに布を浸して拭きましょう。

・ルーバー、吹き出し口

ルーバーは空気の出入り口部分にある、風向きを調節す羽のパーツです。
吹き出し口は、ルーバーを開いて見える部分です。
ルーバーは手動で動かせる場合とそうでない場合がありますので、動かす時は様子を見ながらそっと力を加えましょう。
黒ずみや黒い斑点はカビなので、手の届く範囲でしっかり拭き掃除しましょう。

※最後に送風機能で乾燥させる

これらの掃除をした後は、必ず送風機能で内部を乾燥させるようにしましょう。

 

エアコン掃除、おすすめグッズ

・エコ洗剤「かわゆい花子」

基本的には上で説明したとおり、これ以上の内部掃除を自分ですることはおすすめしません。
ただ、リスクを承知の上でどうしてもしたい場合は、こちらの洗剤がおすすめです。

「かわゆい花子」は界面活性剤が使用されていないエコ洗剤で、酸素の力でエアコンの汚れを落とします。

この洗剤はなんと、使用後時間が経過するとほぼ水に戻ります。驚きですね。
エアコンの掃除は洗剤のすすぎ洗いが十分できないことが原因でカビの増殖につながりますが、この洗剤なら残留成分がほとんどないので安心して使うことができます。

公式ホームページにエアコン掃除の方法についても紹介されていました。
エアコンの他にも、洋服の黄ばみ、キッチンの換気扇などの油汚れ、エアコンのフィルター掃除などにも幅広く使うことができ、アマゾンの口コミでも高評価です。

ただしこれを用いて掃除したとしても、取り除いた汚れがホースに詰まって水漏れするリスクや、電装部分にかかって故障につながるリスクがあることには変わりありません。

・バイオ エアコンのカビきれい

最近注目を浴びている、バイオシリーズ
お風呂場やシンク下に使用するタイプをよく見かけますが、エアコン用もありました。エアコンの吸気口に貼るだけでカビ対策ができます。

この中に入っている微生物の働きで抗菌物質がつくられ、「カビの生えにくい環境」ができます。微生物の自然の力を活用しているので、人や環境にもやさしいアイテムです。

しかし、注意しなければいけないのは、今あるカビを除去する目的では使用できないこと。
あくまで『カビを増殖を抑制する予防法』としてお使いください。

また、カビの繁殖が激しい場所では微生物が力を発揮できず効果が表れないことも。
クリーニングでカビを除去してから使用を開始しましょう。
エアコンのタイプによっては吸気口に貼れないこともあります。よく確認した後に購入しましょう。

即効性はなく、時間の経過とともにゆっくり効果が表れます。「気がついたら臭いがましになっていた」という口コミが多く寄せられています。

 

エアコンのカビ対策は予防を重点的に!

エアコンのカビ掃除は、自分でできることは限られています。ですが、カビの繁殖予防は取り組めることがたくさんあります。
「自分でできるカビ対策」としては、できてしまったカビを掃除することよりも、カビの繁殖をいかに抑制するかということの方が重要なのです。

・フィルター掃除を2週間に1回行う【重要】

フィルターがきれいに保てていれば、内部の汚れを防ぐことができます。
ホコリやチリと水分が合わさってカビが発生するので、内部を清潔に保つことはとても大切です。
そのためには、フィルターを定期的に掃除するようにしましょう。

お掃除ロボットつきのエアコンもありますが、お掃除ロボットではフィルターに付着した油汚れなどをきれいにすることはできませんし、汚れの取り残しが蓄積する場合もあります。
ロボットに任せきりにせずに、自分でも掃除をするようにしましょう。

・エアコンを使用後には送風機能を使う

エアコンの内部は水分が多く、そのことがカビの発生の大きな要因です。
使用したら内部を乾燥させるため「内部クリーン」「内部乾燥」「送風機能」を使用するようにしましょう。
外出する時に、タイマーで1時間「送風」するようにしましょう。

・室内の空気を清潔に保つ

エアコンは外からの空気を取り込むのではなく、室内の空気を循環させています。
室内の空気に雑菌やほこりが多いと、エアコン内部も汚れがたまりやすく、結果カビになります。
換気と室内の掃除をこまめにして清潔に保ちましょう。

・室温の設定を低めに

環境面や健康面を考えるとあまりおすすめできませんが、室温の設定を27℃以下にするとカビの繁殖を抑制することができます。

エアコンクリーニング業者にカビの掃除を依頼

生えてしまったカビの根本的な解決策は、エアコンクリーニング専門業者によるエアコンの洗浄です。
エアコンを分解し、パーツを取り出し、高圧洗浄で掃除してくれます。

エアコンクリーニングの業者を選ぶポイント

ドレンパンを取り外して洗浄してくれる業者に依頼する

カビの温床になっているのは、ドレンパンとファンです。いずれも奥まったところにあるため、分解しなければ十分な掃除ができません。
特にドレンパンはエアコン内部に発生した水滴の受け皿で、水にさらされているので最もカビの温床になりやすいパーツです。

ですが、ドレンパンまで取り外して掃除をするかどうかは、業者によってわかれるところです。
「ドレンパンを取り外して洗浄してくれるか?」ということは、「どれだけ丁寧に掃除してくれるか?と」いうことの指標になりますので、依頼する前に直接問い合わせしてみましょう。

エアコンクリーニングの業者選びについて詳しくは、こちらの記事をお読みください。

費用

1台あたり約1万円が相場です。お掃除ロボットつきのエアコンの場合は、構造が複雑で掃除に時間がかかるため、1台あたり2万円以上かかることが多いようです。
また、閑散期(エアコンを使用しない春や秋)にはキャンペーンをやっていてお得な価格設定になっていたり、2台以上まとめて依頼する場合は割引があるところもあります。

 

《まとめ》

自分でカビ掃除をする場合は、できる範囲を慎重にするようにしましょう。カビをきれいにして、気持ちのいい夏を過ごしたいですね。

2 Comments

現在コメントは受け付けておりません。