母・女性の還暦プレゼント10選!母のホンネ調査ランキング

お母さんの還暦祝い!プレゼントは何がいいか迷いますよね。
私の母ももうすぐ還暦。娘の私が言うのもおかしな話ですが、うちの母はセンスがよいです。

そのぶん、プレゼントに関する注文が多い・・・。笑

喜ばせようとサプライズプレゼントしても失敗します。

 

「せっかくの還暦祝いのプレゼント、外すわけにはいかない!」
・・・ということで、サプライズはあきらめて直接聞いてみました。

還暦を迎える母に聞いたからこそわかった、「なるほど~~」な意見がたくさんもらえたので、皆さんにもご紹介しますね。

母に還暦プレゼント!予算はいくら?

母の還暦のお祝い、相場はいくらなのでしょうか?
気になるところですよね。

マナー本を何冊かチェックしてみたところ、
両親への還暦のお祝いの相場は、1万円以上とされていました。
上限はないので、どの金額にするかは贈る側の気持ちや懐事情、お母さんがどのようなプレゼントを希望しているかによっても変わってきます。

ただし、少なくとも1万円はお祝いに使えるように用意しておくべきでしょう。

一般的には1人あたり2万円~5万円が多いようです。

MEMO

母の還暦祝いの相場は・・・

・少なくとも1万円。

・一般的には2万円~5万円が多い。

ちなみにわが家の義両親は、旅行券を希望していたので、夫の弟と相談して10万円の旅行券をプレゼントしました。
(父と母と2人分、合わせてお祝い)

 

還暦の母に聞いた!もらって嬉しいプレゼントランキング

プレゼントには辛口評価な、うちの母に聞きました!
還暦祝いにもらってうれしい、プレゼントランキング。

まずは、結果発表から!

1位 変身写真
2位 エステ
3位 高級ドライヤー

 

4位 旅行券
5位 バッグ
6位 お財布

 

〈番外編〉
7位 ジュエリーアクセサリー
8位 バラの花束
9位 ネームインポエムの感謝状
10位 フラワーリース

ぱっと見たところ「???」なプレゼントも色々ランクインしていますね。
順番にご紹介していきます。

 

1位 変身写真

母に「還暦のお祝い、もらうとしたら何がいい?」とたずねたところ、一番熱く語ってくれたのがコレでした。

写真を撮りたいなんて、今まで一度も聞いたことがなかったので意外!!

 

 

母曰く、還暦というのは女性にとって微妙なお年頃らしく・・・

・年齢を重ねていることを自覚しつつ、まだまだおばあちゃんにはなりたくない。

 

・女性としてきれいでいたい。

という思いが交錯しているのだそう。

なのでここはひとつ、「今の自分を最大限に美しくとらえた写真を残したい!」とのこと。

なるほど・・・。

 

そして、写真撮影に次のような条件がありました。

・変身写真といっても、不自然なのは嫌。ナチュラルに美しくが希望。

 

・必ずセピア写真にしたい!カラーじゃなくてね。(その方がくすみ、シワが目立たずきれいに撮ってもらえるから)

 

・撮影するにあたって、エステもしたい。

うんうん、そうか。

それでは、こんな写真館はどうでしょう?
「奇跡の1枚」を撮影してくれるそうです。

美しい還暦写真(OPSIS)

まるでハリウッド女優!なモノクロ写真(OPSIS)

ドレス姿の写真も(スタジオレンブラント)

 

さらには

・撮影後に食事会をしたい。

 

・お母さんのお友達をサプライズで集めてほしい。

などなど。

内心「えっ食事会はしたいけど、お友達も呼ぶの?
家族水入らずでお祝いしましょうよ」と思って

この案は、華麗にスルーさせていただきましたが・・・
こんな願望を胸に秘めていたのか!と勉強になりました。

 

2位 エステ

先ほどの『変身写真』に関連して、候補にあがったのがエステ

『エステ+変身写真』で優雅にお姫様気分を味わってもらってから、食事会という流れもいいですね!

 

エステサロンは詐欺などのトラブルもよく耳にするので、やっぱり大手が安心かも。

ミスパリ

気になる目元口元は、こちらの商品でホームケア!

簡単美肌ケアはマイクロパッチで

 

3位 高級ドライヤー

こちらはリュミエリーナのドライヤー。

「こんなのが候補に入ってるんだけど、どう?」とたずねると「プレゼントしてもらえたらうれしい!」とめずらしくビンゴ!

このドライヤーは、数年前に行きつけの美容院で紹介されて以来、私もずーーーーーっとほしい商品。
お値段もするのでなかなか手が出せないんですよね・・・。

 

バイオプログラミングという独自に技術で、ドライヤーをあてても髪が傷まない!
だけじゃなく、毛細胞を活性化させることで髪にうるおいを与え、つるんとなめらかにまとまります。

 

どうやら母の通っている美容院でも使っているらしく、母もその効果をよく知っていました。

年齢とともにコシやうるおいのなくなっていく髪。その上、白髪を染めるカラーリングをくり返し、ドライヤーの熱でいたんでギシギシ。

そんなお母さんの悩みにも、こたえてくれる商品です。

 

注意
ただし、こちらの商品は偽物も多く流通しているので『認証番号』『認証マーク』の掲載がある正規品店でお買い求めください。

こちらの店舗は番号、マークともに掲載されているリュミエリーナ認証正規販売店。
6ヶ月のメーカー保証がありますが、手続きをすれば1年6ヶ月に延長できます。

美容専売品ショップ ビューティーパーク

 

4位 旅行券

還暦のお祝いで鉄板の旅行券!
夫婦でゆっくり旅行もいいですね。

ちなみにうちの母は、「一人旅してみたい」そうで。
あれ?お父さんは・・・??

けどまあ、一人旅願望は私にもあるのでわかります。笑

お父さんと行くパターンも、お友達お姉さんや妹さんと行くパターンもあるみたいですよ。

旅行券をプレゼントするならこちら。
ラッピング包装やのしをつけることも可能ですし、券にメッセージを印刷するサービスもあります。
JTB旅行券

 

カタログギフトを贈って、行きたいお宿を選んでもらうのも◎。
こちらのカタログにはJTBお客様アンケートからセレクトした上質のお宿が厳選されているので、きっと大満足の旅になるはず!

「ここもいいな」と思いながらページをめくる時間も楽しいですね。

 

空いている日程だけ確認して、こちらでチョイス。
当日になるまで行き先は内緒、みたいなミステリーツアーにしてもいいかも。

こちらのサイトは女子心をくすぐる魅力満載!

日本旅行の女子旅専用サイト

 

5位 バッグ

お母さんに限らず、女性ってバッグが好きですよね。

なぜかって、シンプルなデザインの物を選べば、春夏秋冬、数年にわたって相棒として活躍してくれるから!(というのは、個人の感想ですが)

洋服とちがって洗濯でヨレヨレになったりしないし、試着も不要。

ということで、バッグは還暦のお祝いにうってつけ!

 

還暦祝いのプレゼントにはバッグ!おすすめのブランドは?

手前ミソですが、うちの母はおしゃれで上品。
決して若作りはしないので年齢相応。でも、トレンドをちゃんと取り入れたファッションをしています。

そんな還暦手前の母が好きなバッグのブランドを聞いてみました。

・HIROFU(ヒロフ)

 

・Kitamura(キタムラ)

 

・ATAO(アタオ)

 

・IL BISONTE(イルビゾンテ)

 

・LONGCHAMP(ロンシャン)

 

神戸発のおしゃれブランド!仕切りが多くて使い勝手が◎。

 

シンプルで飽きのこないデザイン。

軽くておしゃれ!リーズナブル!
習い事や旅行のおともに。

 

これはNG!!還暦プレゼントで失敗するバッグ

1.ライフスタイルに合っていないバッグ

ここ、ひじょーに重要です。
お母さんが普段よく使っているバッグはどんなタイプ?

次のことをあらかじめよくリサーチしておきましょう。

・バッグの種類(ハンドバッグ、斜めがけ、肩かけなど)

 

・バッグの中身と必要な大きさ

 

・バッグの素材(皮、合皮、エナメル、ナイロンなど)

これを外してしまうと、どんなに素敵なバッグもタンスの肥やしになってしまう可能性大。

 

2.重たい&肩紐が細いバッグ

「どんなに素敵なデザインでも、重たいバッグは勘弁!」これは母の意見ですが、私も同感。

年齢を重ねるにつれて、この重さ問題は大きくなってくるのではないでしょうか?

重さのほかにも、肩紐が細いのもNGですね。
華奢なデザインでかわいいですが、肩に食い込みます。

 

3.年齢不相応なブランドのバッグ

若い人向けのブランドは、デパートでも比較的リーズナブルな商品がありますが、やはり還暦を迎える大人の女性に贈るプレゼント。

ブランドを知っているお母さんなら、ちょっと恥ずかしいと思うかもしれません。

ただし、ハイブランドのバッグは相応のお値段がするもの。

予算が厳しい場合は、バッグ以外のプレゼントも選択肢に入れておきましょう
おすすめは、次にご紹介するお財布です。

 

6位 お財布

プレゼントの定番、お財布!

お値段はバッグと比べるとリーズナブルですが、
こちらも数年間使えるので、少し奮発して質のいいものを贈りたいところ。

お母さんが普段使っているお財布は「長財布か?折りたたみ財布か?」をリサーチしてから選びましょう。

女性ならバッグにお財布を入れるので、長財布派が多いような気もしますね。

還暦のプレゼントにぜひ、おすすめしたいのがこちら

最高級グレードの牛本皮を使用したお財布です。

革製品は年月を経るごとにに味わいがでるし、汚くはげたりしないのでお財布にはうってつけ。

さらに、JOGGOのおすすめポイントは
カスタムオーダー(カラーやデザインがチョイスできる)のでオリジナルのお財布が作ってもらえること。

 

世界でたった一つ、お母さんだけのお財布がプレゼントできます!!
しかも、名入れ刻印ができるのもうれしいポイント。

お母さんといっしょに画面を確認しながらデザインして、還暦のお祝い当日にプレゼントして「ご対面!」する流れもよさそうです。^^

ちなみにおすすめは、L字ファスナー長財布
ワンアクションの開閉で、お札も小銭も両方取り出せてとっても便利!!

お揃いでスマホケースもプレゼントすると喜ばれそうです。

 



番外編

番外編として、こんなのもいいなと思うものをピックアップ。
なぜ番外編かというと、7位と8位は母の賛同が得られなかったから。(←あくまでこのランキングの基準は母の意見)

でも、私はいいなと思ったのであきらめきれず、番外編でご紹介することに。笑

9位、10位はメインのプレゼントに添えるサブのプレゼントということで、ご紹介します。

 

7位 ジュエリーアクセサリー

還暦のお祝いに、本物のジュエリーをプレゼントしたいですね。
やっぱりきらめきが違います。

知り合いに70歳代の女性がいるのですが、エメラルドのネックレスをよくつけていて、それが本当にすてきだなぁと思っていつもうっとり盗み見ています。笑

 

色々調べてみると、こちらのお店のジュエリーがとても上品なデザイン。

Bizoux(ビズー)

豪華すぎることなく、日常にとけこむデザインがコンセプトになっているので、ちょっとしたお出かけから特別な記念日まで、たくさんの場面で活躍します。

現地に直接買いつけに行くことで、原価をおさえているそうで、手の届く価格です。

 

還暦の女性なら、エメラルドやペリドットなどのグリーン系。サファイアやタンザナイトなどのブルー系がすてきですね。

また、お母さんの誕生石のジュエリーにしてもいいですね。
誕生石を身につけていると、「願いを叶えてくれる」と言われています。

 

8位 バラの花束

バラの花束。
すてきですね~~~。

花束のプレゼントってやっぱり心ときめきます。しかも、真っ赤なバラ!!
・・・が、現実的なうちの母には不向きで。

・花瓶がない。

・高いのにすぐ枯れてしまう。

・別に花なんかいらない・・・。

という意見が。

「花束を受け取る、その瞬間が大切なんじゃないか!!」と思いつつ、もらった後のことを考えると「たしかに、う~ん・・・」と思わなくもないですね。

このプレゼントが当たるか外れるかは、お母さんの性格にもよりますね。
うちは、贈るなら普通の花束でいいかなーという感じです。

こちらのバラの花束は、専用のフラワーベース(花器)付の商品もあるので、持ち帰った後の「花瓶がない問題」を解決!してくれます。

旬のお花の心のこもったプレゼントをお探しなら
ギフトデお花屋さん

 

もしかすると、バラの花束をもらうなら息子さんからの方がうれしいかも??
「息子はお母さんの最後の恋人」なんて言いますもんね。

シュチュエーションとしては、

感謝状をみんなの前で読み上げる→花束贈呈

がいいな!と思います。

 

シンプルな感謝状

※感謝状について詳しくは、次の9位をチェックしてくださいね。

 

9位 ネームインポエムの感謝状

還暦に子どもから、感謝状を贈られたら・・・私だったら絶対感動する。
「今までがんばってきてよかった!」とすべて報われる瞬間ですよね。

ぜひ、メインのプレゼントに添えて贈りましょう!

 

こちらは、毛利達男さんの『名前の詩(なまえのうた)』という商品。
詩が心に響きますね。文字も絵も温かみがあって、ほっこり。

還暦のお祝いバージョンでは、ふくろうやお地蔵様に赤いちゃんちゃんこを着せることもできます!

 

 

こちらは、思い出の写真を添えられます。背景の和柄がすてきです。

還暦バージョンに、60本の花とのセットもあります。

名前が入った詩の贈り物【 ネームインポエム 】

 

 

こちらは、似顔絵+ポエムの『笑顔絵ポエム』。テレビチャンピオンのコオロギさんが似顔絵を描いてくれます。

 

ちょっと脱線しますが、ちゃんちゃんこを着たマイフィギュアなんてのもあります!!
すごい完成度です。


顔写真から、あなたそっくりのミニチュア人形が作れる「マイフィギュア」

 

10位 フラワーリース

こちらも、メインではなくサブのプレゼントです。

夫の両親には、お父さんの還暦のときに2人分合わせて旅行券をプレゼントしました。
かといって、2年後のお母さんの還暦のときに何もないのはさみしい・・・!

 

ということで、プリザーブドフラワーのリースをプレゼントしました。

ナチュラルで主張しすぎないホワイト×グリーンのカラーをチョイスしました。
義母の心遣いもあると思いますが、今もリビングに飾ってくれているのでうれしいです。